【医療・福祉】 想いが伝わる質問

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/9/15 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 想いが伝わる質問 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問にも、
「想いが伝わる質問」があります。

ただ質問する、、、

とは大違いです。

ちなみに、
ただ質問をするというのは、
自分本位の質問をするということです。

これは、
人としてついついやってしまう傾向にありますね。

例えば、
ご利用者の家族へのクレーム対応。

謝罪と今後について
直接伺ったスタッフが施設に帰ってきたとします。

リーダーとして知りたいのは
「謝罪の結果」でしょう。

施設全体として関わることですから。

ただ、
そこで気持ちが焦ってしまうと要注意です。

謝罪するために気持ちを落ち着かせ
何を話すのかを考えながら頑張ってきた部下へ。

労いの言葉もなく、
「ご家族の反応はどうだった?」
と聴いてしまうと、、、

気分を害す部下もいます。

「このリーダーは、
私のことなんかよりも、、
結果しか気にしていないんだ」

と思ってしまいます。

■焦点を変える

それを防ぐためには、
本題に入る前に、、、、

「ご苦労さん。緊張しなかったか?」
くらいのワンクッションを入れることが大切です。

つまり、
自分の関心を一瞬、
「コト(結果)」
より
「ヒト(部下)」
に向けるのです。

部下想いと言われるリーダーは
こういった部下の立場を考えた質問ができます。

結果を知りたい気持ちをグッと抑える。

そのためのワンクッションです。

これが、
「想いが伝わる質問」です。

こうしたきめ細やかな配慮をするだけで、
質問される側の心証は全く変わります。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に2件の打ち合わせ
午後に1件の打ち合わせ

浜松と磐田を動き回ります!

嘘のようで本当の話。

息子が通っている幼稚園。
密かに大人気です。

どれだけ人気があるかというと、、、、

入園願書には
長蛇の列が並ぶぐらい。

先着順なのですが、
枠も限られているので
早く並ばないと終わってしまう。

だから、、、
願書配布日よりも前に並ぶんです。

どれぐらい前に並ぶのか?

・・・・。

5日前(驚)

その間、外でずっと?
と思っちゃいますが、
そうするとさすがにマズイので、、、

幼稚園の体育館で寝泊まり。

はい。
本当の話です。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━