【医療・福祉】 こう思っているはず、、、?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/10/11 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ こう思っているはず、、、? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

突然ですが、
質問です。

「介護ロボットを自施設にて導入しようと思いますか?
なぜ、そう思われましたか?」

実は、
この質問は介護施設へ訪問し、
施設長とお話をするときに、よく質問する内容です。

介護ロボットは
人手不足や重労働による身体負担を軽減するために
開発されています。

「人が集まらない、、」
という悩み

「腰痛が、、、」
という悩み

いずれも、解消させる一つの手段でもあります。

■もちろん、費用はかかる。

それを補助金等で補えるように
国としても施策を講じています。

ただ、、、

その一方で、
まだまだ「浸透」するまでには
時間がかかる。

そして、
何より介護ロボットへの「考え」も
浸透し切れていない、といった見方もあります。

その「考え」とは?

よく言われることなのですが、

「介護ロボットは反対です。
ご利用者への介助は、肌と肌との触れ合いが大事です。
その方がご利用者へ安心感を与えるからです。」

■確かに、その通りです。

タクティールケアを学んできたので、
肌とのふれあいにおける効果はよく分かっています。

それによって
ご利用者も安心する。。。

その当のご利用者も、
きっとそう思っている。。。

・・・。

例えば、
ご利用者の中には
こう思っている方もいるのではないでしょうか。

「大好きなスタッフが、
大量の汗を出し腰痛で苦痛な表情をしながら
私のために介助をしてくれている。

それだったら、ロボットを使って
お互いに安心して介助をしてもらいたい」

■もちろん、
苦痛な表情を見せない努力も必要です。

今回は、ここではなく
「ご利用者の声」についてです。

つまり、
「ご利用者の声を聴いていますか?」
ということ。

「絶対に、ご利用者はロボットなんて使うのは
嫌がるはずだ」
という思い込みをしていませんか?

人によっては、
反応は様々です。

ご利用者という括りで
全ては同じだと判断するのは危険です。

これは、、、、

部下に対しても同じですね。

「部下は、こう考えているに違いない」

その思い込みが
すれ違いを生み出す要素になります。

■こういった問題の対策は至ってシンプルです。

「聴いてみる」

これに限ります。

聴かずとも分かる。
この方が楽です。

意外と聴くのが面倒、という方もいます。

ただ、
当然ながら聴かないと分かりません。

何を考えていて
どうして欲しいのか。

とてもシンプルではありますが、
「ご利用者」「部下」
と一括りにするのではなく

1個人として、
丁寧に聴いて回ることが大切です。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ
午後から名古屋ヘ行き、1件の打ち合わせ
その後労働局などを周り、最後は懇親会へ。

名古屋から浜松を動き回ります!

さて、
また来月にセミナーを開催します!

http://gotoh-kaigo.com/wp-content/uploads/2016/10/5ee04620d3a16727980018f647cb74cb.pdf

お客様からの要望も多く
意外と知らないことも分かったので
今回企画しました。

「静岡」「浜松」「名古屋」と
東海地方での開催になりますが、
ぜひメルマガ読者の方々には来て欲しい!

ということで、
メルマガ読者の方には特別割引として、
参加費5,000円のところ、「2,500円」で参加できます。

申込の仕方は至って簡単。

このメールにて、
返信していただければ大丈夫です!

その際に、
受講票をお届けしますので
「住所」を書いて返信をお願いしますね。

何かご不明点等ありましたら
いつでも連絡下さい。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━