【医療・福祉】 フィードバックは本当に必要なのか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2016/12/16 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ フィードバックは本当に必要なのか? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんなに優秀な部下であっても
必ず「フィードバック」は必要です。

なぜなら、
人は誰かにフィードバックされないと、
実際はある基準通りに出来ていなくても
「出来ているつもり」になりがちだからです。

■どんなに優秀でも
必ずミスや勘違いが起きます。

それを正すことは当然です。

でも、問題なのは
それを「ミス」であったり
「勘違い」だと思っていないことです。

優秀な部下は
それだけ仕事が出来て
周りからも褒めてもらえる。

イキイキと仕事をする環境が整っていると
本人も伸び伸びと仕事が出来るでしょう。

■あるスタッフAさんが
同じ職場で働くようになったとき。

聞き分けが良く、
吸収力も高いスタッフでした。

始めからよく勉強していたこともあり
仕事も順調に覚え始めていたのです。

周りのスタッフも褒めながら
次の仕事をお願いしていました。

Aさんも、
仕事を任される喜びと責任感で
人一倍仕事に励んでいました。

ここまでは順調だったのです。

でも、、、あるとき。

別の施設の施設長から電話がありました。

私の勤めていた施設の入所を希望している方が
その施設長がいる施設に入所していました。

今の施設よりも
私の勤めていた施設の方へ行きたいという要望です。

ただ、
どうやら施設の移動において「規約」に反することを
Aさんが犯していたのが分かったのです。

そのため、
その施設長は電話越しでカンカンに怒っていました。

Aさんに問い合わせたところ、
Aさんは「規約」のことも知らなければ
行為自体が正しいことだと勘違いをしていたのです。

すぐにAさんは施設長と一緒に
カンカンに怒っていた施設へ伺って謝罪をしていました。

■今回は、確認作業があれば防げた出来事でした。

ただAさんは
決して「図に乗り始めた」わけではありません。

でも、周りはAさんは優秀だから
確認する機会を設けておらず、

Aさん自身も、
間違っているという認識を持つ機会がありませんでした。

■このように、いくら優秀なスタッフでも
必ずミスは起きます。

途中途中で「疑問」に思ったり
「違和感」を感じる場面もたくさんあります。

今回のAさんも、
「確認作業」のタイミングはいくらでもあったわけです。

人間は、
自分が出来ているかどうかを正確には測れないでいると
考えられます。

それは、
「自分が思う自分」を中心に据えて考えがちであるからです。

だから、
フィードバックをすることで
本人に「確認作業」のきっかけを与える必要があるわけです。

出来ているかの振り返り
正しいかどうかの指摘
ミスがないかの確認

リーダーは、
どんなに優秀で指示をしなくても動いてくれる部下であってお
必ずフィードバックの時間を設けてください。

それが、
部下をもっともっと優秀にするための方法です。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も
1日富山にいます。

1日8件のインタビュー。
その後、終電にて浜松へ戻ります。

インタビュー。
意外と大変です。

「上司は部下との個別面談をやった方がいい」
とアドバイスをすることもありますが、、、

インタビューと個別面談は
意味は違えども、
1対1で話し合うことは一緒。

そんなに簡単なことではないのが
よく分かりました。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━