【医療・福祉】 「どうやって」よりも「どうやったら」という視点

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/1/18 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 「どうやって」よりも「どうやったら」という視点 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相手に伝えたいとき
相手に理解してもらいたいとき
職場に浸透したいとき

普段、どんなことをしていますか?

「ただ」伝えていますか?

ギクッとしましたか(笑)

実は、
普段相手に何かを伝えるとき。

私は、
「どんな言葉だったら、相手に伝わるのだろう?」
という視点をクセづけています。

何を伝えるのか
よりも
どんなことだったら伝わるのか
が先です。

このクセをつけることで
どういった効果が得られるのか?

・・・。

それは、
「相手視点で物事を考えるようになること」
です。

■これは、
相手に伝えるときだけではありません。

組織で決まり事が出来たとき
人事評価制度を導入するとき
業務マニュアルが出来たとき

真っ先に考えることは
「どうすれば皆に伝わるだろう」
「どうすれば皆に浸透するだろう」
です。

この視点で物事を考えると、
例えば今まで
「ストレートに伝える」
「強引に伝える」
「何回も伝える」
といった答えだったのが、

「小冊子だと皆見てくれるかもしれない」
「試験方式だと浸透するかもしれない」
「◎◎さんにお願いして伝えてもらった方がいいかもしれない」

といった
枠にはまらない答えが出てくるかもしれません。

■ちょっとした違いです。

「どうやって伝えようか」
という自分視点から
「どうやったら伝わるだろう」
という相手視点。

いずれも
「HOW」ですが、
視点の違いで答えが大きく変わってきます。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ
午後に1件の研修

浜松から磐田へ。そして、富士へ動き回ります!

いつもは電車移動が多いのですが、
本日は珍しく車移動が多い1日。

富士は静岡県内とはいえ、
横に長い静岡県。。。

意外と時間がかかります。

そんなときは、
今まで聞いていなかった音声教材があるので
それを聞きながら運転します。

移動も立派な仕事時間。
たくさんインプットをして
行動することをメモしていきます。

・・・、

もちろん車を止めてから(笑)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━