【医療・福祉】マニュアルが必要です

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/4/7 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ マニュアルが必要です ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「マニュアルの目的とは何か?」と問われると、
真っ先に「業務の効率化」を思う浮かべるでしょう。

時間短縮や
統一した手法をすることで
業務がまんべんなく進むことが出来るからです。

このこと自体特に間違いではありませんが、
私は違った観点でマニュアルの必要性を感じています。

それは、
「社員への安心感のため」です。

■作業のムリ・ムダ・ムラをなくすために、
誰もが、毎回同じやり方を繰り返すことです。

毎回、同じやり方をすることで、
個人が判断に迷うことやムダが省けます。

もし各々が違ったやり方をしていると、
新入社員は当然迷います。
一体誰のやり方が正しいのか分からないからです。

現場の業務でよくあるトラブルが、
「介助のやり方が違うことで、ケアレスミスが発生し、
 ご利用者に怪我をさせてしまった」
です。

「私はこのやり方で教わっている」
「私は以前の職場でこう教えてもらっていた」
「私はこの方がやりやすい」

バラバラになればなるほど、
それだけ人間関係にも影響を与えてしまいます。

■この業界ならではですが、
「特殊な業務だからマニュアル化出来ない」
と言われています。

ただ、それは
業務の効率化だけの観点で見ているからだと思います。

その観点だけでなく
社員の安心感の観点で見ていくことで
必要性は高まるのではないでしょうか。

当然、マニュアルがあれば全て解決するわけではありません。
ただ、マニュアルが作成されていないことは
社員にとって不安を与えてしまう、ということです。

マニュアルの目的と必要性を再認識したうえで
必要なマニュアルを作成し、現場に落とし込む。

それも人材育成につながっていきます。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も、
1日東京。

午後から1件の打ち合わせ。
その後浜松へ戻ります。

明日は、娘の入園式です。

息子のときは仕事だったため、
参加できませんでした。

娘は何とか見に行きたい。
そのために(?)体調管理していました。

というのも、研修が続いていたので、
周りでインフルエンザが流行っていたのです。

まあ原始的な考えですが、
「気合で移されないように気をつける」
日々でした。

今のところ体調不良は、
ありません(笑)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━