【医療・福祉】自己肯定感を与える

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/4/19 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 自己肯定感を与える ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日からスタッフが入社してからやるべきことを
書いてきました。

職場に馴染むためには
何をすることが重要なのか?

今回は、その3つ目。

・自分はここでやっていけると思う

について。

■これは、
「自己肯定感」を与えるとも言えます。

この感覚を与えるためにすぐに思い浮かべるのは
「成功体験を積ませる」ではないでしょうか。

まずは小さな目標を立てて、
達成できる環境を作っていく。

その目標達成から
「自分でも出来るんだ」という感覚を覚えて
次の目標に向けてモチベーションを高めていく
といったやり方です。

この繰り返しをすることで、
職場の居場所を見つけ
「自分はここでやっていけると思う」ようになります。

■このような流れで
新人に自己肯定感を与えるのも効果的ですが、

更に言えば、
このやり方だけが全てではありません。

・自分はここでやっていけると思う

と思う瞬間とは
何も自身だけでの目標達成で感じるわけではありません。

というのも、自己肯定感を持つ瞬間には、
「チームの一員としてやっていける」
と感じることで満たすこともあるのです。

「チームとして取り組む業務に加わる」
「チームの役割で足りないところを補う」
「チームとして新たな取り組みを提案する」

自身がチーム(=職場)の一員になれたとき、
「自分はここでやっていける」と思うようになります。

つまり、前回までお伝えしました
・自分の役割を認識する
・他スタッフから受け入れられていると感じる
を経て、

・自分はここでやっていけると思う
が繋がっていきます。

■職場に馴染むことで、
新人は自分の「居場所」を確保することになります。

それは決して、
いわゆる「場所」だけではありません。

役割、受け入れ、感覚
が合わさって居場所を確保することになります。

その積み重ねによって、スタッフの
「離職防止」「人材定着」に大きく影響していくのです。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後から大阪へ。

「人材育成の見える化」支援をしてきます!

大阪ですが日帰りで行ってきます。
出来るだけ家族と食事をしたり
お風呂に入ったり、添い寝をしたり。

と、時間を過ごすことで
心のゆとりを持つことが出来ることが分かりました。

強制的に休むことも必要ですが、
家族との時間が何よりもの休息ですね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━