【医療・福祉】部下が何を求めているのか見極める

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/4/21 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 部下が何を求めているのか見極める ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入社したスタッフに対して
OJTを実施するとき。

時間のほとんどは、
「教える(指導する)」に当てられます。

その際に、
気をつけていただきたいのが
「聴いて欲しいのか、教えてほしいのか」
を見極めるということです。

■人と人との伝え方や受け止め方には、
「感情の共有」と
「情報の伝達」という目的があります。

意外と無意識にやるので気づかないかもしれませんが、

例えば相手と話すとき、
感情の共有をしてほしくて話をしていますか?
それとも情報を伝えたくて話をしていますか?

逆に、話を聴く側は
相手は何を伝えたいと思っているのでしょうか。

相手は感情を共有して欲しいのでしょうか?
それとも情報を伝えたいと思っているのでしょうか?

■意外と見過ごしがちなことですが、
この2つが区別できれば
相手との会話は、とても心地よいものになります。

例えば、
リーダー部下の会話について。

部下「ご報告があります。少し時間頂いていいですか?」

リーダー「何かやらかしたのか?早く説明しなさい」

部下「・・・」

さて、
この部下は何を伝えたかったのでしょう。

「・・・」からすると
部下の本心は、辛い気持ちを受け止めてもらい
励まして欲しいが正解と考えられます。

ただ、リーダーには
情報の伝達と伝わり、
じゃあ具体的な情報を基に解決しようじゃないか、
となりました。

つまり、
感情の共通と
情報の伝達の区別が出来ていなかったのです。

■ただ、
部下からの声掛けや質問だけで判断をするのか
なかなか難しいことかもしれません。

日頃から、
部下がどんな性格なのか
どんな悩みを抱えているのか
を観察していくことは前提になりますが、

それまでには時間がかかってしまいます。

なので、
最初の一歩が踏み出し優先順位を付けやすくするために
一つお伝えしたいことがあります。

「感情の共有」か「情報の伝達」なのかという
区別がつかない場合は、

まずは「感情の共有」として聴いてみましょう。

なぜなら、
たとえ本当は「情報の伝達」だったとしても
遺恨を残さないからです。

先ほどのリーダー部下の会話にて、
部下「◎◎さん、
急いでいるので早く指示をしてくれませんか?」

リーダー「なんだ、情報の伝達だったのか」

と分かってから、
具体的に報告を聴いても、
何ら問題はありません。

■感情の共有をしながら、
部下の本心、本当に伝えたいこと、
を見極める。

それによって気持ちなのか情報なのかを
判断出来るようになります。

人は感情の共有をされると
心を開きます。

具体的な解決策については
その次に考えればいいのです。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日東京。

労働局へ助成金申請書類の提出。
午後からは、研修。
本日中には、浜松へ戻ります。

買い物をするとき、
あまり気乗りしない状態で購入すると
大体は、必要でないものだったりします。

昨日、家電量販店で
「そろそろ、買っておかないと」
と思って店内を物色していました。

ただ、どうもスッキリしない。
「本当に、これ必要なのかな?」
とためらいつつも、悩む時間が勿体無いと思い
結局そのまま購入。

自宅に着いて気づく。
「あ~、これ必要なかった」と。。。

幸い返品対象の商品だったので、
後日返品をしてきます。

相手側にも迷惑をかけてしまうことに。。。

やっぱり、気乗りしない時は
買わないことですね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━