【医療・福祉】考え方、捉え方が全く違うとき、どうする?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/4/25 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 考え方、捉え方が全く違うとき、どうする? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が企業研修行っているとき、
よくいただく研修案件は
「スタッフとのコミュニケーション術」についてです。

コミュニケーションといっても、
話し方やマナーなど、、、だけでなく
コミュニケーションを取るために必要な
信頼関係や聴く姿勢など。

コミュニケーションには
話すだけでなく、それまでの過程まで含めて
コミュニケーションという括りにしています。

ただ話し方を変える
ただ話す声を変える
ただ話す内容を変える

としても、正直意味はありません。

根本的に、
「あなたの話を聴きたい。
あなたと話がしたい。」

と思わせる関係を作らないと
いくらスキルを学んでも
相手には伝わらないし、響かないです。

だから、
コミュニケーション術は
話すだけではない、ということです。

■そのなかで、
受講者から問い合わせをいただくものに

「スタッフとの考え方、捉え方が全く違う。
だから、どう接すればいいのか分からない」

という相談があります。

それこそ、
男性・女性という括り一つとっても
違いはあります。

どこまでいっても
理解しきれないこともあるでしょう。

人は誰しも
自分の生まれ育った環境や
その環境のなかでの経験の中で生きています。

この経験の中で生きていることは、
安心感を満たし、守られているような気がします。

なので、
ここからはみ出た考えを持っている人を見ると、
理解がしにくいです。

■ただ、理解しろ!とまでは言いませんが、

その違いを知り、
人それぞれ違うことを受け止めることから始めてみて下さい。

なぜなら、人の価値観、考え方を知ることは
それだけ自分の世界を広げることが出来るからです。

価値観や考えが違うと
まるで海外の異文化に触れている気分になりがちです。

ただ、海外旅行に行ったことのある方は
その文化に触れて価値観も変わってきた
という経験をしたことがあるかと思います。

そういう意味で、
同じスタッフ、特に自身の部下の
例えば好きな色、食べ物、趣味を知っていますか?

もし、それも知らずして
部下をまとめ動かそうとしているのであれば、
もしかしたら順番が逆かもしれません。

育てようとする部下について、
何に興味を持っているのか
何を趣味としているのか
何にこだわっているのか

少しでも情報を手に入れて下さい。

それは実は、
部下のためだけではありません。

自分のためにもなります。

■つまり、知ることで気づくことがあるのです。

部下の中には相性もあります。
だから、合う・合わない人も
同じ職場には大体いるものです。

だから、
相手の考えを理解することは
難しい時があります。

ただ、
相手のことを知ることで
許せる気持ちが芽生えることはあります。

何も
高度なコミュニケーション術を駆使する必要はありません。

その前に、
部下の好きなこと、興味のあることを
知ることから始めてみるのはいかがでしょう?

知ることで、
自身の心のゆとりが生まれることもあります。

今までの接し方、育成の仕方が
変わるきっかけになるかもしれません。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も1日事務作業。

執筆ペースを上げています。

書こう!と思ってデスクに座っても中々書けない。
何も考えず、フラットな状態でデスクに座ると
淡々と書けることに気づきました。

気合や根性では、中々いい文章が書けません。
思いつくことをただ自然と待ってみる。

心を落ち着かせることも大事なんだと
最近感じています。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━