【医療・福祉】たった一声だけでも救われた気分になる

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/5/9 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ たった一声だけでも救われた気分になる ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月ということで、
新卒にとっては入社して2ヶ月目ということで
仕事に慣れてくる時期でもあり、
またストレスや疲れが出てくる時期でもあります。

新入社員によっては、張り切る分、
不安な顔を見せないこともあります。

周りの社員に迷惑をかけたくない、
自分が出来ない人間だと思われたくない、
などといった思いが表情を出さないといった行動を
起こしているのだと考えられます。

なので、無表情のまま淡々と仕事こなす新入社員に対して、
何も問題ないと思っていたところ、
いきなり「辞めたいです」と言ってくるケースが
多いのが現状です。

■「悩みや苦しいような表情をしていれば
すぐに声をかけていたのに」と思うところですが、

相手側の反応を見てから行動をするのではなく、
こちらからタイミングを図って行動をすることが大切です。

つまり、表情だけで判断するのではなく
「最近どうだ?」といった歩み寄ることが必要です。

例えば、声掛けについて。

「困っていることはない?」と
ストレートに聞くことも効果的ですが、それだけですと
「はい、大丈夫です」
「まあまあです」
「特にありません」
といった返事が返ってくる事が多いです。

なぜなら、
どこまでのことについて困っているのか
返事しづらいからです。

この場合、
「この仕事に対して何か困っていることはない?」
と条件設定で声掛けをしていくのが良いです。

条件という限定した状況であれば、
より困っていることがイメージしやすく、
答えやすいといった効果があります。

■そして、こういった声かけが出来るように、
予め過去の新入社員がよく躓いている仕事などを
調べておくとより効果を発揮します。

ある程度、スキルの違いがあれど
仕事内容で躓く場面は共通しているものです。

例えば業務のなかの準備段階で躓いたり、
手間のかかる資料作成や細かい作業に躓いたり、
お客様への提案段階で躓いたりなどといったものがあります。

そこに気づかず、
苦しみ結局辞めていった過去があれば、
それを今後は活かしていくことも大事です。

また、過去の新入社員とつながっていきますが、
既存社員にも聞いてみるのも良いです。

特に、指導教育をしてきた立場から見て
過去に上手く行ったことや失敗したことまで、
共通するものがあればそれを有効活用する手はありません。

■新入社員にとって表情に出ていないだけで、
内情は苦しんでいたり悩んでいるところ、
一声掛けてもらえるだけでも救われた気分になります。

また、例えそのときは特に悩みなどなかったとしても、
気にかけてくれているというイメージは
仕事のしやすさや会社への愛着、
人間関係にも繋がっていきます。

そのために周りの声や
過去のケースを振り返っていくことが大切です。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
朝から大阪にて打ち合わせ。
その後、兵庫へ行き打ち合わせ。
終わり次第広島へ行ってきます。

1日で3県をまたいでいくのは久しぶりですね。
何の観光もありません(笑)

5連泊の出張ということで、
大きめのスーツケースを久しぶりに使っています。

思えば、一昨年。
平日は全てホテル泊まりで仕事をしていました。
そのときに、今回使っている大きめのスーツケースを
常用していました。

あ~、懐かしや。
あ~、今思えば恐ろしや。。。

こういった経験が今に活きていると
常々実感しています。

今週もやりきります!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141