【医療・福祉】問題スタッフばかりに時間をかけない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2016/7/6 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 問題スタッフばかりに時間をかけない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同時に複数の新人を雇うようになると、
入社して数ヶ月経つ時期は、それだけレベルの違いが出てきます。

レベルの違いが出ることは、
スタッフの特徴や能力は違うので当然出てきます。

ただ、そのレベルの違いの中でも出てくる、
いわゆる問題スタッフにも苦しむことになります。

■実際に、私が関わらせていただいた多くの施設でも
問題スタッフに頭を抱えています。

問題というと、
例えば「言うことを聞かない」「叱責するとふてくされる」
などといった行動を言います。

多くの場合、こうした問題スタッフを教育し直し、
戦力にしたいと考えることが多いようですが、
これはするべきではありません。

度合いにもよりますが、
小さな問題を抱えているスタッフであれば、
「そういうもの」と割り切ってしまうのが得策です。

「人材定着を謳っておきながら、問題スタッフを見捨てるのか」
といった声が聞こえてきそうですが、
見捨てるわけではありませんし放置するわけでもありません。

もちろん、過半数を超えるスタッフが問題であれば、
それは解決する必要がありますが、
1名、2名程度であれば、むしろ他の優良なスタッフに
目を向けるべきです。

つまり、優先順位をつけて教育をすることが大事です。

■というのも、スタッフはよく見ています。
そして、客観的な評価をすることが重要なのは、
言うまでもありませんが、

感情的に「ちゃんと見てくれている」
ということの方が重要なのです。

例えば、もし問題スタッフの解決ばかりを考えて、
その問題スタッフにいつも目をかけていたとしましょう。

問題スタッフの解決をするという大義名分の元、
その1名なり2名ばかりに手をかけていると考えますが、

ほかのスタッフから見れば
「いつもあのスタッフばかりに声をかけている。
私たちには目もかけてくれない」
という視点で見られてしまうのです。

私がコンサルティングをしたある介護施設でも、
いつも所属長がひとりのスタッフにばかり声をかけ、
よく注意をしていました。

所属長としては一生懸命なのですが、
スタッフにヒアリングをすると
「1名のスタッフばかり贔屓されている」
という結果が出たことがあります。

■せっかくエネルギーを注ぐのであれば、
他の新人全員の人材がやる気を出すように、
全体に目を配りたいものです。

そういった点で、
時には問題スタッフは「放っておく」ということも
得策と言えるのです。

ちなみに、放置をすることで問題スタッフが
他の社員に悪影響位を与えるのかというと、
そうとは限りません。

他のスタッフがイキイキと仕事を仕出すことで、
居心地が悪くなっていきます。

そうなると、他のスタッフと同じように仕事をし出すか、
残念ながら退職されるかです。

■人材定着において、
当然退職されるのは会社にとって痛いことです。

ただ、会社風土や職場環境を改善していくことで、
それに合わず退職をされるのは仕方ない時期が出てきます。

なので
「先の人材定着のために、今の退職を良しとする」
という考えも必要です。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
名古屋にて1日研修。
終わり次第、大阪へ行きます。

昨日、久しぶりに体重計に乗ったら、ビックリ!
過去最高の重さでした。。

運動不足
偏りの食事
が全てです。。

特に運動は、
時間確保が全く出来ていないのが原因です。

なので、
もうスケジュールに強制的に入れようと思います。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141