【医療・福祉】今に合った指導方法を模索する

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2016/7/6 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 今に合った指導方法を模索する ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護業界の場合、
本当に色々な経歴を持って入社される方がいます。

介護学校を卒業して、そのまま入社される人もいれば
製造業を経験した後に、介護業界に入ってくる人も。

そのうえで、
受け入れ体制を整えていくにあたり、
指導方法を今のうちに見直しておくことも必要です。

入ってくる部下を独り立ちさせるために、
仕事を教えるとき、いきなりベテラン社員と
同じ力量を求めるリーダーが少なからずいます。

「新人だろうと関係ない」
「現場は忙しいのだから早めに慣れてもらわないと」
「資格があるのだったら、これぐらい出来るでしょ」

そういった言い分が聞こえてきそうですが、
そのような「背中を見て盗め」という教育方法は
今の時代では通用しづらいものです。

それは、
「今の若者だとついてこられない」
という見方から言っているわけではありません。

今の環境から、
どの世代にも同じことが言えるようになってきたのです。

まずは、この事実を認めることから始めてみましょう。

■長年社会人として経験している方にとっては、
「いや、私達の時代は、」と、
自身が若い頃のやり方と比べてしまい、
今は間違っていると思ってしまいがちです。

ただ、だからといって
「指導スタイルを変えない」のは、
自ら指導を放棄しているのと一緒です。

昔にあって、今にないことはたくさんあります。

それと同じぐらい、昔になくて、
今にあることもあるのです。

その事実を認めることが出来るかどうかが、
「時代に合わせて対応しているリーダー」であり
「人材定着に必要な考え」に繋がっていきます。

■では、「時代に合わせて対応する」というのは
一見すると難しく考えがちです。

なので、自身で考え見直すだけでなく、
既存社員に聞いてみると良いでしょう。

「どんな指導方法が適しているのか?」
「自身がこれから指導される立場だったら、
どんな指導がやりがいに繋がるのか?」

などといったことを確認しておくことで、
違った視点での気付きも得やすくなります。

そして、もう一つ貴重な意見をもらえる方法があります。

それが「新入社員本人に直接聞いてみる」ということ。

「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、
何を考えているのか、どうして欲しいのか、
を確認することはとても大事です。

それは、当の本人が一番知っているからです。
だから、直接聞いてみるのです。

■よくお客様が何を求めているのかを確認するために、
直接お客様に聞くというのが、仕事の基本と言われています。

人材育成においての「基本」の一つにも、
「部下に直接聞いてみる」があります。

「部下はどう思っているのか?」
「新しく入る社員はどう思うものか?」
聞いた上で指導方法を見直してみることも必要です。

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日東京にて研修。

明日は福岡で講演なので
行けるとこまで、、、ということで
名古屋まで行ってきます。

今日の研修は、
新入社員のフォロー研修。

4月に2日間研修を実施した会社になります。
わずか1ヶ月ですが、
それでも成長している人は目に見えて分かるものです。

さあ、
名前をしっかりと覚えてもらえているだろうか(笑)

頑張ってきます!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141