【介護人材定着】バカにしているかの判断

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

                     2017/6/14 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ バカにしているかの判断 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間関係の悩みについて
よく相談を受けるのですが、

人間関係が良くない相手には
ある程度共通した癖というものがあります。

その一つが
「相手をバカにしている」ということ。

これは、
わざとバカにしているときと
無意識にバカにしているときがあります。

後者においては
当然気づかせる、あるいは自身で気づいていかないと
相手との関係性は改善していきません。

■例えば、
自分が分からない業務知識について
リーダーから指摘されたとき。

リーダーから、
「これって、学校で習ったことだけど、
 しっかり学んだんだよね?」

「え?そんなことも分かっていないの?」

などと言われたとき。

人は、
「バカにされている」と思ってしまいます。

私の観点からすると、
上記のような言葉掛けは
「言う必要がない」ものです。

言ったところで、
相手にはバカにされているという思いにしか
なりません。

この場合、
「知らなかったら、これから知ってもらう」
ことだけ伝えればOKです。

ただ、悪気があって言っているのではない、
いわゆる無意識に言ってしまう場合は、

常に、その言葉掛けは
相手に気づかせようとする言葉かけなのか
ただの嫌味で言っているのか
の判断をすることです。

■「言う必要のないことは言わない」

これが人間関係構築においての鉄則です。

関係性構築のために、
コミュニケーションをたくさん取りましょう
とアドバイスを受けることがあるかと思います。

一見すると矛盾していますが、
バカにしている言い方をたくさんしても
関係性が構築するわけではないということです。

その言葉かけ
「言う必要がありますか?」

意識してみて下さい。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

社労士にとって
6月は行政へ提出する書類が多い月です。

「あっ、自分はそういえば社労士だった」
と気づく月でもあります(笑)

あまり手続き業務を多く抱えていない分、
毎年思い出しながら作業をしています。

今年も、ミスなく終えたいものです。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━