【介護人材定着】1,067号 実習指導者にもトラブルはつきもの

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2017/10/4 1,067号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 実習指導者にもトラブルはつきもの ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護施設の中には、
学生で介護実習を受け入れているところもあるでしょう。

「最近の若者は、、、」
という言葉はあまり好きではありませんが、
時代の流れによって対応の仕方も変わってきます。

正式なスタッフではないなかで
一仕事をやってもらうわけなので
どこまで指導したらいいのか悩まれているリーダーも多いでしょう。

例えば、このようなケースはありませんか?

介護実習に来ている学生が提出課題の期日を守らなかったため、
実習指導者が少し強めに指導しました。

すると、その翌日に担当教員から
「学生が怖がっているので、もう少し優しく指導して欲しい」
と電話がありました。

当の実習指導者は、「冗談じゃない!」と憤慨し、
さらに強く学生に当たってしまいそうです…。

さあどうする?

■実習指導者と教員に話をさせる

施設側として、
どのような指導をするのか、を
学校側へ明確に伝わっていないことも考えられます。

厳しい指導が良いか悪いか、ではなく
施設側としてどのような方針で指導をしていくのか
が大事です。

そのため、
お互いの意向を明確にしていくための話し合いは必要です。

一方、その話し合いについて
実習指導者のみに施設代表として話し合わせると
丸投げされたと思わせてしまいます。

学校側との今後の関係もありますので、
場合によっては施設長も同席して話をすることが
良いでしょう。

■実習指導者と学生に話をさせる

学生は何でもやっていい
自由にやっていい

という風潮にもなりがちです。

ただ、当然「学生だから」というのは通用しません。

理不尽な指導ではない限り、
なぜ厳しい指導をしているのか
相手に伝えることで、相手も理解をします。

それを実習指導者自ら
学生に伝える場を持つことも大事になります。

■学生・実習指導者それぞれを呼び出して話を聞いてみる

先ほどの話し合いの場を設けることについて。
いきなり、話し合えといっても
お互いの主張をして、場合によっては喧嘩に発展しかねます。

それを防ぐためにも、
まずはお互いの考えや想いを聞く場が必要です。

リーダーとしての役割は、
お互いの主張に対して耳傾け理解した上で
施設側の考え、学生としてのあるべき考え
を伝えることです。

そのあとに、
双方で話し合いの場を持つという順序が理想的です。

■「今どきの学生は弱いから」と実習指導者をなだめる

実習指導者も、自身の仕事はあります。
それと並行して指導にあたっているので、
本人の想いを汲むことは大事です。

ただ、全面的に実習指導者側に立つことが
必ずしも正しい選択とは限りません。

特に「今どきの学生は弱いから」と伝えたところで、
そのなだめは双方に良い方向へ結び付けられるかは
考えにくいです。

「今どきの学生は」という括りで話すのではなく
自身の指導を今後どうしていくのか
を一緒に考える事の方がより正しい方法です。

■教員に対して「今後は実習を受け入れない」と伝える

学校側の意向もあります。
学生を守るという考えもあります。

そのなかで、
学校との関係を遮断させるような方法は
オススメしません。

あくまで協働のスタンスで
お互いのわだかまりは、話し合いで解決していくのが
最も大事です。

そのためにも、
受け入れにあたってのルールや
指導方針を今一度すり合わせていき、

今後の関係をより良くしていく
といった姿勢で向き合っていくことです。

以上になります。

学生というスタッフではないポジションで
施設内で一緒にいるというのは
ある意味特殊なのかもしれません。

そのため、
一スタッフとは違う分、
関わり方や指導方針を明確にした上で
再度一緒にやることが必要です。

実習指導マニュアル
受け入れマニュアル

といったルールブックもあると良いでしょう。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ

その後、事務作業。

普段、介護リーダー向けに研修を実施することが多いのですが
改めてリニューアルした研修が出来上がりました。

早速、本日は
普段良くしていただいている介護施設へ
提案に行ってきます。

施設側から見て
ニーズに合っているのか
を聞いてみるのが一番です。

上手くマッチして
よりたくさんの介護施設で導入できるように。

色々と行動を起こしてきます!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141