【介護人材定着】1,082号 転倒事故を防ぐためには?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2017/10/26 1,082号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 転倒事故を防ぐためには? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護現場では、常にヒヤリとする場面に遭遇します。
当然事故はゼロにしていかないといけませんが、
どうはいかない事情も正直なところ存在します。

「しっかり対応しているのに、、、」
やるせない気持ちになるスタッフもいるでしょう。

例えば、こういった事例もあります。

片麻痺のある利用者が、
一人でトイレに行こうとして転倒しました。

幸い入院が必要となるような大きなケガはなく、
家族も謝罪を受け入れてくれましたが、
再発予防に向けた対応を考えなければなりません。

事故報告書には
「いつもは声をかけてくれるのに…」とありましたが…。

いかがでしょう。

この場合のリーダーとしての対応は、
どうすればいいのか?

一緒に考えていきましょう。

■なぜ一人で行こうとしたのか確認する

理由があって一人で行こうとしたわけなので、
まずは事実確認をすることです。

施設側として、
対応が不十分だったのか
ケアが行き届いていなかったのか
あるいは、近くのスタッフに声をかけにくかったのか

意外と、
ご利用者はよく見ていますし、
スタッフがあたふたと動き回っていたり
落ち着きがなかったりすると、
「お願いするのも申し訳ない」
と思わせてしまうこともあります。

気を配っていただいたのなら、
まずはその気持ちに感謝しつつ
遠慮しないで事前に声をかけてもらいことを
伝えることが大事です。

■トイレに行かなくても済むようにオムツやパッドを検討する

ADLを向上・維持させる観点でいえば
適切な対応とは言い切れません。

誰しもオムツやパットのなかで用を足すのは
気持ちいいものではないからです。

ただ、本人や家族と十分話をして
施設側の方針を理解したうえで、決断をする。

この経緯があっての対応であれば
それも選択肢の一つと捉えるでしょう。

いずれにしても、
検討するには十分な時間と話し合いが必要ということです。

■1時間に1回「トイレどうですか?」と声をかける

声のかけ方にも工夫をしながら対応すると良いでしょう。

例えば、
「部屋へ戻る際に声をかけてみる」
「他のご利用者がトイレに行かれているタイミングで
声をかけてみる」
など。

声をかけて気づくこともありますし、
声をかけてもらえることで、自身のタイミングで
トイレに行きたいときに声をかけてくれるかもしれません。

「気にかけている」
という姿勢を持つ意味で
声を定期的にかけてみるのも大切です。

■歩いて行かないよう車いすを使ってもらう

オムツ・パットの使用と同じで、
ADLの向上・維持の観点で検討をする必要があります。

車いすの方が双方にとってラクのように見えますが、
かえって移乗介助に時間がかかり、
また介助時に事故を起こす危険性もあります。

本人にとっても
乗り降りに負担が出ることもありますので
安易な考えで選択肢に入れるのは控えるべきです。

■転ばないよう機能訓練を強化する

本人のADLと意思にもよりますが、
機能訓練によって引き続きトイレへ行くことができるのは
双方にとってはプラスになります。

再発防止においても
動かない対応よりも
動いても大丈夫な対応が求められています。

十分機能訓練指導員と協議し、
本人・家族とも理解したうえで取り組む。

そして、訓練を強化したことで
改善の傾向が見えた時には、
一緒に喜び分かち合うのも大切です。

以上です。

事故を防ぐだけの観点でいえば
動かないようにオムツや車いすなどの対応をするでしょう。

ただ、果たしてそれが最善の選択肢なのか。
再発防止につながるものなのか。

こういった疑問・視点を持ちながら
日々事故ゼロを目指して取り組んでいただきたいです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日長崎にて講演。
明日も長崎で研修なのでそのまま泊まります。

今週末には、
町内の運動会があります。

今年も最後のリレーに参加することになり
アンカーを務めることになりました。

子供の前でいい姿を見せたいものです。
なので、転ばないように気をつけねば。。

35歳になりましたが、
今もバリバリ走れます!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141