【介護人材定着】1,107号 その思いは必要でしょうか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2017/12/4 1,107号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ その思いは必要でしょうか? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リーダーとして部下と接していると
「どうしても相手に譲れない」と思うことはありませんか?

意見が衝突したときが
特に顕著に出てくると思います。

例えば、
ご利用者の想いを最優先にして行動を取るのか
周りのご利用者のことも踏まえて行動を取るのか

どれも正解の行動です。
だから、判断基準に「自分のこだわり」が
出てきてしまいます。

■本来なら、
お互いの意見をぶつけあったうえで
合意できるところを探せばよいはずです。

ただ、、、

実際はそうならないことが、よくあります。

それは
「こちらが譲ってしまうと負けた気分になる」
「譲ったことでなめられてしまう」
「簡単に譲ってしまうと中身のない人と思われる」
「自分の方が正しいに決まっている」
などといった感覚が強まって、、

徐々にやりとりが感情的になり
エスカレートしていくケースです。

結果的には、
部下との関係性も崩れてしまうこともあるでしょう。

■これは、無意識に
「譲る=負ける」という感覚が強まり、
必要以上に「絶対に譲れない」「負けられない」
と思い込んでしまうのです。

ただ、現実には
奪い合うものなど何もありません。

この点について
ぜひ冷静に考えてみてください。

冷静に考えれば
「何を競っていたんだろう」
「どうして意地を張ってしまったんだろう」
とすぐに分かるはずです。

そう思えば、
自然と譲ることが出来
そのうえでベストな選択ができるように
話し合うことが駅ます。

■奪い合いからは何も生まれません。

改めて、
「本当に譲れないことなのか」
立ち止まって考えてみることです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後に1件の打ち合わせ。

それ以外は事務作業。

先週末は金沢へ。
所属している社労士軍団(?)の
定期的な会合でした。

周りの話を聴いているだけでも
新たな発見やひらめきが生まれますね。

そこに報酬は全くありませんので、
全て自腹です。

ただ、そこに投資する価値があって
十分投資分を回収できるので参加しています。

さて、先週末は家族との時間を取れなかったので
今週のどこかで埋め合わせが出来ればと思います。

明るいうちに、
庭で息子と一緒にキャッチボールでも
出来ればいいな。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━