【介護人材定着】1,231号 褒めるは、フィードバックしている

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2017/6/23 1,231号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 褒めるは、フィードバックしている ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

褒めることを苦手としているリーダーがいます。
また、褒めることを「部下が調子に乗ってしまう」と
懸念している方もいます。

結論から言うと、
褒めることが問題ではなく
褒めることへの捉え方に問題があるだけです。

■では、褒めることをどう捉えたらいいのか?

それは、褒めるという考えを、
「相手にフィードバックしている」
とするのです。

これは、特に新人スタッフが陥る問題から
読み解くことが出来ます。

新人スタッフは、
やる業務が初めてづくし。。

そのため、
自身の行動が良かったのかどうかを判断しにくいのです。

叱るという定義を理解しているかはさておき、
研修をしていると、
新人は「もっと叱ってほしい」という声をよく聴きます。

それは、先ほどの
「自身の行動を見て、判断してもらいたい」からです。

■そこで、リーダーにとって大切なのが、、、

その行動が良ければ「褒める」ということ。

これが部下の行動に対するフィードバックになり、
いい行動を繰り返そうという意識付けにつながります。

つまり、褒めるというのは
部下に良い・悪い行動だったかをフィードバックする行為であり
部下に気づきを与え、成長スピードを上げる手法であるということです。

褒めるというのは、
相手を喜ばせる手法だけではありません。

ちなみに、
悪い行動であれば、「叱る」ことも必要です。

良い行動=褒める
悪い行動=叱る

いずれも、フィードバックをしているということを
頭に入れて伝えていきましょう。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

自宅の庭の芝生が、しばらく放置していたので
久しぶりに芝刈りをしました。

買ってきたばかりの芝刈り機があったので、
早速使用することに。

電源コードをつないで
いざスタート!

切れる、、切れる!
まあ、切れる!!

そして、調子に乗って勢いよく切っていたら、
前に絡まっていた延長コードを引いてしまう。。

見事に、、、切れる。

・・・。

その後、家族と一緒に
ホームセンターへ行ってきたのである。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━