【介護人材定着】1,254号 人事制度はなぜ必要なのか?(人事評価制度)

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2018/10/23 1,254号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

【セミナーのご案内】
11月19日 浜松
11月22日 静岡

人が集まらない、入ってもスグに辞めて定着しない、
なのに制度はどんどん厳しくなる・・この先どうすればいいだろう?
と不安を感じている介護事業所の経営者・施設長・事務長へ

「助成金超活用&人材ストレス完全解消セミナー」
詳細は、こちら

セミナーのお知らせ(11月19日浜松、22日静岡)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 人事制度はなぜ必要なのか?(人事評価制度) ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日は、人事制度が必要なわけと
そのなかのキャリアパスの必要性について書きました。

今回は、
人事制度のなかの「人事評価制度」について。

特に介護事業所にとっては、
介護職員処遇改善加算の関係もあって
人事評価制度を導入しているところも多いでしょう。

ただ、
その人事評価制度をどう作成し、
どう運用しているのかはそれぞれ違っているのを
よく目にします。

■残念ながら、人事評価制度を
ただ「評価するもの」で、「査定」という扱いをしている
ところも多いです。

これは、とてももったいないことです。

なぜなら、
人事評価制度は格好の人材育成の仕組みができるからです。

・目標(個人、チーム含め)を掲げ
・評価期間に実践し
・評価シートを使って振り返り
・評価面談で行動・成果を認める

ざっくりとですが、
この繰り返しをするのが人事評価制度です。

・・・。

どうでしょう。
いずれにも人材育成のエッセンスが入っているのが
分かるでしょう。

目標という、
・統一した意思
・行動の明確化
を図り、

評価期間に評価者は「観察」し、
フォローをする。

評価シートで、
「何を」「どれぐらい」出来ているのかを確認し、

面談にて、これまでの行動・成果を伝えたうえで
承認欲求を満たす。

これが、
人事評価制度の流れです。

■また、先日のキャリアパスとも連動します。

キャリアパスは、
・誰が
・どうなってほしいから
・こういったスキルを
・いつまでに身につけてほしい
が示されているものになります。

その示したことに対して、
・予定通り進んでいるか
・出来ているか(身についているか)
をチェックする。

これも人事評価制度の役割です。

■いずれも
人事制度の重要な視点です。

ちなみに、
この流れの重要性についても、
来月開催されるセミナーにて詳しく解説していきます。

セミナーのお知らせ(11月19日浜松、22日静岡)

そして、
私が特に人事評価制度にて強調しているのが、
「評価面談を徹底的に取り組んでください」
ということ。

どういうことか?

また明日のメルマガにて書いていきます。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前・午後と1件ずつ打ち合わせ。

来月から、秘書を雇います。

ただ、直接雇用するのではなく
秘書を「外注」するということです。

ネットを介して、
今までこちらでやっていた雑務をまとめ、
それを秘書登録しているスタッフへ代わりにやってもらう。

やってもらったものは、
ネットを介して納品してもらう。

直接雇用となると、
事務所へ来て席を用意し、
決められた終業時間の間に仕事をやってもらう。

これが通常でしたが、
これまでの雇い方が大きく変わっていきます。

秘書を外注することで、
今まで、業務すべてを一人でやってきたわけなので、
随分と時間のゆとりができます。

ということで、
また来月から新たな展開をしていこうと思います。

乞うご期待!

このセミナーも、ぜひ!

セミナーのお知らせ(11月19日浜松、22日静岡)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━