評価を下さないこと

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/30 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

人は知らず知らずのうちに
評価を下しています。(僕もそう、、、)

評価を下すということは、
イメージとしては悪い評価をすることを
思い浮かべるのではないでしょうか。

でも、例えば
「あの人は○○が出来るから尊敬する」
ということ。

これ自体は悪いことではありません。

でも、この「○○が出来るから」
という条件があるので尊敬するということも、
「評価を下している」と言えます。

また、
「どんな人にも優れたところがあるのだから、
そこを見つけて、人を好きになるよう心掛けている」

こういった教えを実際に聴くことも多いでしょう。

でも、
どう見ても、その「優れたところ」が見つからない
という場合も少なくないのではないでしょうか。

そもそも、
「優れたところ」を見つけるためには
「その人に評価を下すこと」が必要になります。

「あの人は優れた人だ」
ということ自体が、すでに評価です。

自分が下した評価であって、
それをに基づいて尊敬の念を抱く、ということは
「条件付きで尊敬する」ということ。

つまり、
「条件」と「評価」は同じようなものなのです。

だから、
大切なのは「評価を下さない」ということです。

人を評価しようとすると
人のありのままを受け入れようとしなくなります。

反対で言うと、
「優れたところがないから、尊敬できない」
と言えます。

当たり前にも聞こえますが、
この考えを持つと、、、

優れたところがない部下=使えない部下
というレッテルを貼り、
そこから「変えよう」という意識が薄れてしまいます。

これが、
固定概念を植え付けてしまい
せっかく部下に強みがあるのに、そこを見失ってしまいます。

評価をしない
ありのままの姿を受け入れてみる。

いつの間にか評価を下してしまうところを
一旦見直してみることです。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少しずつですが、
2冊目の出版を目指して活動をしております。

1冊目の出版から早や1年。

あのときの大変さを今でもすぐに思い出せます(汗)

元々、文章を書くのは苦手なので。。。

ただ、出版をしたことで
一気に活動の視野が広がりました。

考え方も変わりました。

それだけ、出版は効果があります!

ただ、出版できるかどうかは
出版社のOKサイン次第。

魅力的なタイトル、中身を考える必要があります。

研修とコンサルでヘロヘロ状態ですが、
何とか将来に向けて頑張ってまいります。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━