【医療・福祉人財育成】 小さなフィードバック

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/28 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

部下との信頼関係を築くうえで
様々な取り組みが必要です。

そのなかで、
フィードバックは相手のモチベーションや信頼感を高める
絶好の場とも言えます。

たくさんの介護施設のリーダーとお話をしていますが、
あるリーダーから、こういった報告を受けました。

日々部下との関係を意識している中で、
「相手がどう思っているのか」気になって
直接聴いてみたそうです。

部下に「私にどうしてほしい?」と聞いてみると、、、

「いや、別に褒めてほしいとか、素晴らしいね、
とか言ってほしいわけでなく、
私が取り組んでいることに『がんばってるね』
『もう少し、こうしたら・・・』
というように簡単なフィードバックがあれば、
私が取り組んでいる方向に間違いはないなと思えるため、
頑張れます。それだけです」

と応えが返ってきました。

・・・。

いかがでしょう。

こういうケースは、
「信頼」ある関係であればあるほど、
どんな世界でもありがちです。

リーダーからしてみると、
今までのスタッフの働きのもと「信頼」を持ち、
全面的に任せているだけ。

一方、付いていくスタッフにとっては、
毎日毎日「信頼」できる人だからこそ、
付いていき行動できるのに、まるでほったらかし。

このギャップに「無関心」でいると、
「信頼」は「不満」となり、

このギャップに
「フィードバック」を与えると「信頼」は「絆」に変わるのです。

そう、部下が言われるように、
リーダーは信頼の証に、
「小さなフィードバック」
を行ってあげることです。

『いい感じで進んでいるね』
『それは、こういうことも考えておくといいかもね』

この積み重ねが、
ある日突然の「辞めさせてください」と辞表という名の
「不信任」状を突き付けられないコツです。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末は、和歌山にて講演をしてきました。

移動時間3時間30分。

浜松から山形へ行くことが多く
5時間近く移動します。

それと比べてみると
「何だか近いな~」と感じてしまう。

・・・、完全にマヒしていますね(笑)

慣れたものです。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━