【医療・福祉】 褒めるときは、主語を大事にする

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/12/15 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

前回では、
“褒めるときは、部分否定してから褒めてみる”
といった内容を書きました。

マイナス面も伝えながらも褒めてみることで、
しっかりと見てくれているという印象を与える方法です。

今回も、“褒める”について書いていきますね。

褒めるときは、
「◎◎さんは優秀だ」
とか
「◎◎さんの仕事ぶりはいい」

などと、
部下を主語にするのではなく、

自分やチーム、会社などを主語にすることを
意識してみてください。

「私は、そのアイディアはとてもいいと思う」
「この仕事で結果を出してくれて、私は嬉しい」
「チームのためになる仕事ぶりだった」
「会社に十分に貢献してくれたね」

このような言い方は、
Iメッセージ
WEメッセージ
とも言います。

この言い方の効果は、
“リーダーが何に価値を置いているのか”
がよく伝わるということです。

部下は、
リーダーの言葉を真っ直ぐ受け止められるでしょう。

この積み重ねをしていくことで、
部下は今後何を重点に行動すればいいのかが明確になっていき

チームとしての動きにブレがなくなるんですね。

もちろん、リーダー自身が
何に価値を置いているのかを明確にする必要がありますが、

それを伝える際にも
“褒めながら”伝えることも必要です。

正しく、
一石二鳥な褒め方ですね。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ダメだよ」
というと、すぐにスネる娘(2歳)。

別に強い口調で言ってるわけじゃないんですが。。。

どんなに優しく言っても、
急に悲しそうな表情をしてそっぽ向きます。

なので、
「ダメ」という言葉を使わないように
気を付けています。

何か別の言葉で、、、
と思っているのですが

この前、歩いている先が危なかったので
「いいよ~、いいよ~。こっちに行った方が、もっといいよ!」

と言いながら、引っ張ってあげたら、、、、

すんなり言うことを聴いてくれました(笑)

やはり、
伝え方は子供でも大事ですよね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━