【医療・福祉】 本音を履き違えてはいけない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/1/5 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

 

 

「後藤くん、もっと本音で言い合おうよ!」

実は、昨年ある方から言われました。

あるプロジェクトで
チームとして一緒に働くことがありました。

お互いに本音を出し合っていきたい!

その想いから、
「本音で言い合おうよ!」
ということを言われたのだと思います。

言葉だけで捉えると、
「ごもっとも」です。

本音は、
“伝えたいことを伝える”
ためにも必須です。

だから、もっと本音で言わないと。

周りを気遣うことが
強みでもあり弱みでもある僕にとって
本音を伝えることは、課題の一つでした。

ただ、、、
そのときは、あまり前向きには捉えられませんでした。

なぜなら、
「本音で言い合おうよ!」
といった本人が、

本音の伝え方が、
“自己満足”だったからです。
そもそも、
なぜ“本音”で伝えることが必要なのか。

それは、
相手に“伝わる”ようにするためです。

建前で話しても相手には伝わりません。
だから、“本音”が必要です。

でも、
実は“相手に伝わらない本音”があります。

・・・。

“自己満足”のための本音です。

つまり、
「自分の言いたいことを言う」
ということです。

これは、
相手が伝わったかどうかは関係ありません。

自分の中のフツフツとした想いを
ぶちまけたいから伝えるのです。

本音を伝えるためには、
“伝わるように伝える”ことが前提です。

これが出来ないと、
先ほどの“自己満足”で終わります。

伝わるように伝えることもせずに、
「本音が大事だ」と言われても
正直説得力はありません。

だから、
冒頭の言葉を僕は素直に聞き入れませんでした。
(スネたわけではありません)

本音は、
伝え方があって初めて活きます。

意識してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遅れましたが、
「明けましておめでとうございます!」

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、
年末年始は久しぶりに自宅でゆっくり出来ました。

ほぼほぼ、子どもたちと遊んでいましたが(笑)

やっぱり、
自宅が一番落ち着きますね。

たくさん食べましたし
たくさん遊びました。

いいリフレッシュになりましたので、
今日からガンガン働きますよ~!

早速、本日は東京へ。

お会いしたい方に
予め昨年末に予定を開ておくように伝えてありましたので。

今日はみっちり打ち合わせの一日になります。
追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141