【医療・福祉】  断定が誤解を招く

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/1/20 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

スケジュールを決める段取りをしているときに、
いきなり相手から「明日、打ち合わせをしましょう」
と言われてカチンときた経験はありますか?

僕は、
つい最近ありました(笑)

「こちらの都合があるのに、
なぜあなたの都合に合わせなくてはならないのか?」

多くの人はそう思うでしょう。

■別に悪気があったわけじゃない

でも、
言っている本人に悪気はありません。

「自分の都合に無理やり合わせろ」
と言ってるわけじゃないからです。

恐らく、
まずは候補日を出してみよう!と思い、
とりあえず自分の都合から投げかけてみよう
といった経緯で言うことが多いです。

強い意志ではなく、
軽い気持ちから出た言葉であるケースが
ほとんどですね。

■でも、誤解を招いている

「自分の都合を優先しやがって」
「上から目線だ」
「押しつけがましい」

そう受け取られても仕方ありません。

では、どうすればいいのでしょうか?

・・・。

それは、
“質問形式”に変えてみることです。

先ほどの打ち合わせのケースですと、
「明日の打ち合わせではいかがでしょう?」
ですね。

断定を質問に変換するだけで、
印象はぐっと柔らかくなります。

質問にすることで、
断定ではなく相手に選択する余地を与え、
主体性を尊重するのです。

■リーダーも同じ

リーダーが部下に対して指示をする。

よくあることです。

でも、
このときでも断定を質問にすることが大事です。

なぜなら、
リーダーと部下は決して“縦の関係”ではない
からです。

同じ立場、同じ目線である以上
押し付けることが正しいやり方ではありません。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、広島の呉市にいます。

泊まっているホテルの目の前には、
軍艦が見えます。

あんなに大きいと、
一体何人乗れるんだろうか、っとふと思う。

朝仕事をして
ふと窓をのぞいてみると、

海自呉基地の運動場らしきとこで
何十人もの方が行列を作って行進。

ホテルの窓から見ていても、
見事に足が揃ってる。

朝早くからご苦労様です。

見ていて気持ちよくなって
何だか気持ちが高ぶってきました。
(体育会系なもので)

一人で盛り上がりながら
今日も一日仕事をしております!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━