【医療・福祉】 アドバイスが部下を追い込む

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/1 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

自分の体験談をアドバイスとして話すこと。

確かに、経験談は記憶に残りやすく、
感情を動かしやすいので効果的ですね。

そこで
成功談だけでなく“失敗談”を伝えることで、
「リーダーでも失敗するんだ」
という安心感を与えることです。

■少々かっこ悪い失敗談

その方が共感が得られやすいです。

恥ずかしいかもしれませんが、
そういう失敗を経て今があるという
良い手本になります。

でも、
一つ注意点があります。

■失敗談を語った後です。

「だから◎◎さんも、私のように頑張りなさい」
「私のようにやりなさい」
と押し付けないことです。

なぜなら、

失敗談だったはずが、
いつの間にか武勇伝になってしまうからです。

もしアドバイスを求められたら、
この3つのポイントに注意すると良いですよ。

1、すぐにアドバイスを提示しない
2、本当にアドバイスが欲しいのか、ただ聴いてほしいのか判断する。
ただ聴いて欲しいときもあります。その際は聴くに徹します。
3、部下が本当にやろうとしていること、考えていることを聴く。

■聴くことがやはり大事です

アドバイスを求めるとき、
本当はアドバイスが欲しいわけではなく

「自分がやろうと思っていること・考えていることは正しいかどうか、
少し意見が聴きたい」
ことが多いです。

アドバイスする前に
「◎◎さんは、どう考えているの?」
と部下に質問し、

何が気がかりなのか明確にします。

アドバイスではなく
“質問”をすることで

部下に考える機会と選択の可能性を拡げることが出来ます。

失敗談を武勇伝にせず、
部下の想いを確認することに専念してみましょう。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末、自宅に帰って
嫁が撮影した“息子が参加したお遊戯会”を観ました。

かすかに歌っている姿
ハニカミながら踊っている姿
隣の女の子に誘導されている姿

想定通りでした(笑)

今までの撮影した動画は
ずっと保存しています。

大きくなった時に
家族みんなで笑いながら観るように。

誤って消さないように気を付けたいですね。

ちなみに、
踊っているときに
気を遣ってずっと誘導してくれた女の子を指さして
「この子の名前、分かる?」
と聞いたら、、、

「知らない」
と。

おいおい。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141