【医療・福祉】 “誇り”は自分では気づけない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/3/8 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

先日、ある介護施設の施設長と話をしていたとき。

ふと、気づきました。

「スタッフ自身が介護という仕事に“誇り”を持つときって
どんなときだろう?」
と。

■自分では気づけない

介護の仕事は、
“人”が相手です。

人によって
対応は変わります。

だから、
マニュアルは存在しないし
同じことをやることが正しいとは限らない。

日々変化し、
日々勉強し、
日々改善していくものです。

その中で、
「あ~、自分は成長しているな。
この仕事を“誇り”に想うよ」

と気づくタイミングは、、、

実は自身で気づくことは難しいです。

なぜなら、
立ち止まって考えても

改善出来ているのか
正しい方向に進んでいるのか

自身では判断できないからです。

そう、

正しいことをしているのかは、
“相手に聴かないと分からない”
からです。

■相手から言われて初めて気づくもの

今の仕事に誇りを持てるタイミングとは、
“ご利用者から言われたとき”です。

「ありがとう」
「助かるよ」
「これからもよろしくね」

こういった言葉は
何よりも響きます。

介護という
“人”を相手にする仕事なら
尚更です。

ご利用者からいただく言葉から、
スタッフは気づき、そして“誇り”を手に入れます。

■振り返る時間を与えること

よく、スタッフに
「この仕事にやりがいを感じる?」
と聞いても

「ん~、、、、分かりません」
と返事が来た、

と相談に来られるリーダーがいます。

もし、スタッフに
“今やっている仕事にやりがいや誇りを持つことはあるか”
確かめる機会があるなら、

ご利用者から
「どんな場面で何を言われたのか?」
聴いてみてください。

ご利用者からいただく言葉から
スタッフは“気づく”ことが出来るのです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も広島。

夕方まで出かけることはないので
それまでホテルで、

提案書を作成やら
セミナー資料の作成やら
レポート作成やら
助成金資料準備やら
ホームページ修正やら
執筆やら

やります。

カタカタカタタカタ、、、と
終始パソコンをたたく仕事が溜まっています。

コーヒー何杯飲むんだろう。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━