【医療・福祉】 子育てしながら働いているスタッフの心理

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しな【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/3/11 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

保育園の待機児童が多いことは
日々ニュースで目にしているかと思います。

保育園に入るには、
仕事先が見つかっていることが条件。

仕事を探すには、
どの保育園に子供を預けることが出来るのか
説明する必要がある。

・・・。

どうすればいいんだよ!
って思いますけどね。

そういった状況の中
何とか子供を預けながら仕事をすることが出来る。

子育てをしながら働いているスタッフは、
ここからスタートしています。

■どんな待遇を望んでいる?

全てのスタッフに言えることではありません。
あくまで傾向としてお伝えします。

子育て世代のスタッフは、
子供の体調不良などで早退するケースがあります。

そのため、
保育園から連絡があった時には
出来るだけすぐに対応できる体制にしたい。

ただ、
一方で仕事をしている以上、

責任ある仕事をやってみたい
やりがいを持って仕事をしたい

と思っているスタッフもいます。

どこまでやれるか、何が出来るのか。
人によって変わります。

ただ、
その“気持ち”を受け止めたうえで
今後の働き方を一緒に考えていく姿勢は
子育て世代のスタッフには必要です。

■優遇しすぎず、固定概念を持たず

「子育てをしていて大変だから・・・」

その気持ちは、
スタッフの気持ちを代弁しながらも
果たして本当の気持ちなのか確認してみることが大事です。

大変なのは、他も一緒。
自分だけ特別扱いされると周りの目が気になる。

もしかしたら、
こう想っているスタッフもいるかもしれません。

また、
子育てをしているだけで
出世コースから外されるのは心外だ!

そう想っているスタッフもいるかもしれません。

いずれも、
子育てというイメージだけで捉えずに
一人のスタッフとして扱うことです。

そして、
どんな働き方があるのか
どんな昇格基準があるのか

を、考えていくことです。

子育てという視点。

その視点をちょっと変えてみるだけで
スタッフが強力な人材になるかもしれません。

その視点を、
リーダーが持つことも
今後必要になっていきますね。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末に
静岡県介護福祉士会さまのご依頼で
セミナー講師をしてきます。

そういえば、、、

単発のセミナーは久しぶり。

一回で参加者にノウハウを提供する。
実は結構難しいもの。

あれもこれも伝えなきゃ、、って思うと
いつの間にか時間が迫ってしまい、
結局最も伝えたいことが伝えられない。

そうならないために、
いかにシンプルに分かりやすく伝えるかですね。

さあ、

、、、、

困った。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/