【医療・福祉】 他業種の経験を上手く活かす方法とは?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/4/8 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

介護業界では、
専門学校や大学などで介護の勉強をしたのちに
介護事業所へ就職するケースだけではありません。

今まで、全く介護の勉強も仕事もしたことがない人が
ひょんなことから介護業界に転職される方もいます。

ちなみに、
他業種といってもたくさんあります。

製造業だけでなくIT業であったり建設業もあります。

__c0__さんは、
他業種から転職された未経験スタッフに対して
リーダーとしてどのような接し方をしていますか?

今日は、このことについて書いていきますね。

■どういった思考を持っているのか?

他業種での経験から、
その業界のルールが染み付いたうえで転職されています。

例えば、製造業の場合。

リスク管理であったりマニュアル作成
に力を入れている傾向にあります。

「危険を未然に防ぐこと」
「同じことを繰り返し同じようにやること」
を重点に仕事に取り組むような思考があります。

■強みは?弱みは?

思考につながりますが、
リスクを考えマニュアル通りに行動を起こすことが強みです。

未然に事故を防ぐために危険な物を置かない、近づけない。
決まった動きに対しては繰り返し同じように行動する。

これが強みです。

ただ、弱みもあります。

それが、相手が人間であるため、
マニュアル通りにいかないときもある。

その時の対応が上手く出来ないということです。

また、リスクを考えるがあまり、
危険だと思うものに対して避け続けることで
生活しにくい空間を作り上げてしまうことがあります。

■どんな課題があるのか?

機械に対して答えは「1つ」であることが多いけど、
介護においては答えは無限にあります。

今日やったことで感謝されても
明日同じことをしたとき怒られることもあります。

それは、相手が人間だからです。

そのことを理解するのに時間が掛かることがあります。
マニュアルがないことで、
「次にどんな動きをすればいいのか」が分からず、
そのまま立った状態になってしまうのです。

■モチベーションUPアプローチの方法

他業種の経験は、
周りのスタッフの大きな勉強になります。

介護において、介護知識だけで仕事をするだけでなく、
他業種の良い部分を取り入れて仕事をしていくことが
求められているのです。

そこで、未経験者のスタッフには、
介護知識を教える際に
「この場合は、◎◎さんが以前いた業界ではどうやっていたの?」
と本人がいた業種における知識とつなげていくような
質問をしてみてください。

くれぐれも
「ここは介護の世界だから。以前の業種とは全く違うからね」
と過去の経験を全く無視するような行為は厳禁です。

人は、これまでの経験を活かすことで
「今までの経験が無駄ではなかったんだ」
というモチベーションアップに繋がっていくものです。

今回も、他業種からの転職なので、
その経験は存分に発揮していただく環境づくりも必要です。

例え未経験の新人であっても、
年齢だけでなく今までの経験も尊重するような接し方を
することが大事です。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は1日大阪に行ってきます。

さて、
先日から案内しています「無料相談(60分)」について。

また、いくつか質問を受けましたので
それについて皆さんにも共有したいと思います。

Q.後藤さんにぜひご相談したいと思っているのですが、
そもそも人事に関する悩みが漠然としておりまして
どのように相談すればいいのか迷っています。
この状態でも、相談に乗っていただけるのですか?

A.はい、構いません。というのも、漠然とした悩みについて
私が質問をしながら明確にしていくことで
今後の戦略が見えてくることが多いです。
そのため、今は漠然としていても問題なく相談に来て
いただいても大丈夫です。

実は、当初の相談内容が、
質問を通して全く違う悩みが出てきたことはよくあります。

そこに、
自事業内だけで考えるのではなく
第三者からの目線を入れるメリットがあるのです。

資料を目にして
ご検討下さい。

http://gotoh-kaigo.com/wp-content/uploads/2016/04/87bf61b45cde6c1b7300e7ace176cfbb-1.pdf

※資料の中身が見れない場合は、
ご連絡下さいm(__)m

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━