【医療・福祉】 ブランクのあるスタッフを新人扱いにしていませんか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/4/14 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

今回は、
ブランクのあるスタッフが復職する際に
どのような対応が必要なのか、について書いていきます。

復職というと、
介護業界から離れて別の業界で働き、
その後戻ってくるパターンと

専業主婦のように一度仕事自体を辞めて、
その後戻ってくるパターンとに分かれます。

いずれにおいても、
ブランクがあることで、
以前のような働き方が出来るか不安を抱えながら、
昔を思い出しながら仕事に取り組むところからスタートします。

思い出す際には、
人間の特徴として当時のシーンを頭のなかで思い描き、
その時のやり方をそのまま忠実に再現できるようにやろう
という考え方が強いです。

■何が強みなのか?

一度現場から離れた、
という点においては実は強みの方が多いです。

現場にいると、
どうしても目の前の仕事に追われ、
周りを見渡す余裕がありません。

施設内だけでの変化しか
対応しきれない状況になることが多いです。

なので、
現場から離れて別の仕事、
あるいは専業主婦のように仕事自体から離れたことで、
周りの視点を身に付けている点が強みになります。

第三者の視点で今の事業所を見る事が出来ることで、
何が強みなのか、何が欠けているのかを
把握する力があります。

■ただし、、、

今のやり方と昔のやり方のギャップが大きいほど、
そこにギャップを感じ作業が止まってしまうことがあります。

止まってしまう原因に
「何が正しくて何が間違っているのか」の把握に
時間がかかってしまうことがあります。

昔のやり方も、当時は正解です。

ただ、今はそれが正解ではなく、
今のやり方が正解と捉えなくてはいけない。

そこに戸惑ってしまうのです。

なので、今のやり方を認め、
受け入れる姿勢を持つことが大事になります。

■どんな対応が必要なのか?

昔のやり方にこだわる必要はありませんが、
参考にする姿勢は必要です。

そして、ブランクがあるから、
新入社員のように扱うことは避けるべきでしょう。

例えば、同じ時期に新入社員と一緒に入社した場合は、
同じ立ち位置ではなく半歩先の立場で接することです。

同じ内容を教えるにしても、
どちらかと言うと「意見を聴きながら、確認しながら」
進めていく配慮も必要です。

また、当時の経験を今に活かしてもらう
環境づくりが大事になってきます。

そのため、
まずは当時のやり方や様子を聴くことから初めてみましょう。

特に若いスタッフにとっては、
今のやり方しか知らないです。

今に至る歴史が、
今後のやり方の参考になることも多いです。

ブランクがあることへの不安感を抱えている事が多いため、
そういった配慮や接し方は、
自信とモチベーションに繋がっていきます。

ブランクの期間が長いほど
経験があること自体を忘れがちになりますが、

貴重な戦力であることを再認識し、
迎え入れる環境づくりが大事になります。

意識してみてください。

——————————————————

■人材戦略コンサルティングを無料で受けられます(60分
http://gotoh-kaigo.com/wp-content/uploads/2016/04/87bf61b45cde6c1b7300e7ace176cfbb-1.pdf

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は、午後から名古屋へ。
3件の打ち合わせと労働局へ相談に行ってきます。

外出することが多くなった分、
息子からの催促が激しくなってきました。

「もうお仕事終わった?」
「新幹線乗った?」

毎回新幹線に乗っているわけじゃないし
仕事が終わったと思っても、電話が来たり
新たにやることを思い出して仕事を再開することもあります。

・・・。

そんなこと言っても
まだ分からない年頃なんで。。。

メリハリ持って、
オン・オフをしっかりするよう
息子に教わってる気がします。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━