【医療・福祉】 相手の想い以上の行動を示す

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/4/19 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

何かお困りごとが起きたとき、
人は誰かの助けを求めます。

「ここがよく分からないのです」
「どうすればいいのか迷ってます」
「どうか教えていただけますか?」

悩み相談においては、
それだけ相手の想いが伝わるものです。

表情
しぐさ
声のトーン

こういった悩み相談のときに意識してほしいのが
“相手の想い以上の行動を示す”ということです。

■困っていることはお互い様

単に助けるといっても
言われたことに対して回答しただけであったり、
表面でしか見えていない問題のみ解決しただけだと

そこには、“感謝”しか伝わりません。

例えば、
“困っていることはお互い様”

よく聴くフレーズです。

これは、
相手が困っているのを助けることで
こちらが困っているときに相手が助けてくれる

という意味もあります。

ただ、そのお困りごとを助けるのに
相手の想い以上の行動を示すことで
相手には感謝だけでなく“感動”を与えることが出来ます。

■感謝以上の行動が感動を与える

その感動を与えることで、
今度は自分にお困りごとがあって相談をすると
相手も自分を感動させるような行動を取ってくれます。

人によっては、感動の仕方が様々なので
一概に「この行動はいい!」というのが応えづらいところです。。

ただ、常に
「相手のお困りごとは何なのか?」
「そこに、何を加えたら相手は感動するのか?」
という視点を持ち続けることが大事です。

もちろん、
部下から相談されたリーダーにも
同じことが言えますね。

リーダーは常に
部下の困りごとに対応をしていきます。

その対応が
感謝で終わるのか。

はたまた感動まで与えるのか。

部下に感動を与えたら、
きっとリーダーにも返ってきます。

それが
“困っていることはお互い様”精神です。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京2日目。

今日は午前中に1件の打ち合わせ。
午後からセミナーに参加していきます。

想像以上に、、、
筋肉痛がひどいです。

まっすぐ歩くのがやっと。

今なら、横から軽く押されると、
あっさり倒れるでしょう。

もはや、
生まれたての子羊です。

プルプルしている足を
周りに気づかれないように
平然とした顔して歩いています。

やっぱり、運動した後は
ストレッチが必須ですね。
(と言いながらも、恐らく次もやりませんが)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━