評価を下さないこと

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/30 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

人は知らず知らずのうちに
評価を下しています。(僕もそう、、、)

評価を下すということは、
イメージとしては悪い評価をすることを
思い浮かべるのではないでしょうか。

でも、例えば
「あの人は○○が出来るから尊敬する」
ということ。

これ自体は悪いことではありません。

でも、この「○○が出来るから」
という条件があるので尊敬するということも、
「評価を下している」と言えます。

また、
「どんな人にも優れたところがあるのだから、
そこを見つけて、人を好きになるよう心掛けている」

こういった教えを実際に聴くことも多いでしょう。

でも、
どう見ても、その「優れたところ」が見つからない
という場合も少なくないのではないでしょうか。

そもそも、
「優れたところ」を見つけるためには
「その人に評価を下すこと」が必要になります。

「あの人は優れた人だ」
ということ自体が、すでに評価です。

自分が下した評価であって、
それをに基づいて尊敬の念を抱く、ということは
「条件付きで尊敬する」ということ。

つまり、
「条件」と「評価」は同じようなものなのです。

だから、
大切なのは「評価を下さない」ということです。

人を評価しようとすると
人のありのままを受け入れようとしなくなります。

反対で言うと、
「優れたところがないから、尊敬できない」
と言えます。

当たり前にも聞こえますが、
この考えを持つと、、、

優れたところがない部下=使えない部下
というレッテルを貼り、
そこから「変えよう」という意識が薄れてしまいます。

これが、
固定概念を植え付けてしまい
せっかく部下に強みがあるのに、そこを見失ってしまいます。

評価をしない
ありのままの姿を受け入れてみる。

いつの間にか評価を下してしまうところを
一旦見直してみることです。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少しずつですが、
2冊目の出版を目指して活動をしております。

1冊目の出版から早や1年。

あのときの大変さを今でもすぐに思い出せます(汗)

元々、文章を書くのは苦手なので。。。

ただ、出版をしたことで
一気に活動の視野が広がりました。

考え方も変わりました。

それだけ、出版は効果があります!

ただ、出版できるかどうかは
出版社のOKサイン次第。

魅力的なタイトル、中身を考える必要があります。

研修とコンサルでヘロヘロ状態ですが、
何とか将来に向けて頑張ってまいります。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉人財育成】 小さなフィードバック

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/28 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

部下との信頼関係を築くうえで
様々な取り組みが必要です。

そのなかで、
フィードバックは相手のモチベーションや信頼感を高める
絶好の場とも言えます。

たくさんの介護施設のリーダーとお話をしていますが、
あるリーダーから、こういった報告を受けました。

日々部下との関係を意識している中で、
「相手がどう思っているのか」気になって
直接聴いてみたそうです。

部下に「私にどうしてほしい?」と聞いてみると、、、

「いや、別に褒めてほしいとか、素晴らしいね、
とか言ってほしいわけでなく、
私が取り組んでいることに『がんばってるね』
『もう少し、こうしたら・・・』
というように簡単なフィードバックがあれば、
私が取り組んでいる方向に間違いはないなと思えるため、
頑張れます。それだけです」

と応えが返ってきました。

・・・。

いかがでしょう。

こういうケースは、
「信頼」ある関係であればあるほど、
どんな世界でもありがちです。

リーダーからしてみると、
今までのスタッフの働きのもと「信頼」を持ち、
全面的に任せているだけ。

一方、付いていくスタッフにとっては、
毎日毎日「信頼」できる人だからこそ、
付いていき行動できるのに、まるでほったらかし。

このギャップに「無関心」でいると、
「信頼」は「不満」となり、

このギャップに
「フィードバック」を与えると「信頼」は「絆」に変わるのです。

そう、部下が言われるように、
リーダーは信頼の証に、
「小さなフィードバック」
を行ってあげることです。

『いい感じで進んでいるね』
『それは、こういうことも考えておくといいかもね』

この積み重ねが、
ある日突然の「辞めさせてください」と辞表という名の
「不信任」状を突き付けられないコツです。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末は、和歌山にて講演をしてきました。

移動時間3時間30分。

浜松から山形へ行くことが多く
5時間近く移動します。

それと比べてみると
「何だか近いな~」と感じてしまう。

・・・、完全にマヒしていますね(笑)

慣れたものです。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

頭を下げる人は自信がある人

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/29 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

「ミスをする」

これは、リーダーも人間ですから
部下だけの問題ではありません。

リーダーにも、ミスは付き物です。

また、
リーダーにも、分からないことがあります。

そのために、
部下から教えを乞うこともあります。

僕は数多くのリーダーを見てきましたが、
出来るリーダー、結果を出しているリーダーほど
腰が低いです。

すごいリーダーになればなるほど
頭を下げます。

僕は、素直に頭を下げる人を見ると、
「相当自信があるんだな」
と感じます。

つまり、
自分に自信があるなら、他人に頭を下げるのは
何でもないことなのです。

リーダーの中には、
「オレ(私)はスゴイ!」
ということを周りに認めさせたいという方もいます。

そういう精神状態の時は、
自分に自信がないため、
周りからの承認が欲しくてたまりません。

自分の失敗を認められないし、
誰かに助けてもらったときに素直に感謝できません。

部下を批判したり
偉そうなフィードバックをするのも、
他人を下げることで自分の価値を高く見せたいからです。

こういった対応をしているとき、
「どうだ、鋭い意見を言えるオレ(私)はスゴイだろ」
などと思っているのですが、

周りからは、逆にスゴイとは思われません。

「この人、こんなことで批判をしたりして、
小さい人だな。。。」
と思われます。

何となくツンツンして怖そうなイメージがあるリーダーは、
自信があるからではなく、
自信がないからそうしているのです。

もし、本当に認められたいのであれば、
人に感謝し、時には謝罪をして、
頭を下げられるリーダーになることです。

頭を下げることはすごいことです。

偉そうにしているより、
よっぽど一目置かれます。

皆さんの腰は低いですか?

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自宅へ帰るのは週末という日々を過ごしています。

家に帰ると、4歳の息子ともうすぐ2歳の娘が出迎えてくれます。
まあ、出迎えてくれるのは遊んでほしいからなんでしょうが。。。

週末の約2日間一緒に過ごすわけですが、
「よくそんなに喧嘩するね」と思うぐらい喧嘩しています。

怒っては、お互い泣き。
数分しないうちに、また一緒に遊ぶ。

そして、いつの間にか喧嘩する。

それだけ喜怒哀楽が激しいと疲れるんじゃないか、、、

余計な心配をしつつも、
成長著しい子供たちを見守るのが
今一番幸せを感じています。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉人財育成】 それは「出来ない」ではなく「やらない」ではないか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/25 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

「これ出来ません」

部下に仕事を任せようとしても
こういったことを言われるとショックですね。

仕事が難易度すぎる
仕事の量が多すぎる

こう言われると仕方がありません。

なぜなら、
それは「出来ない」から。

やろうと思っても、
今すぐに出来るものでなかったり
時間がかかってしまう。

これだと、出来ないと表現しても仕方ないでしょう。

ただ、
出来るのに単に「やらない」ということもあります。

面倒くさい
つまらない

これが厄介です。

「やらない」のを「出来ない」と表現しているようでしたら
それを改める必要があります。

もちろん、
リーダーとして指示の仕方や言葉遣い、
日頃の姿勢などを見直すのは前提です。

ただ、
部下に「やらない」という表現をしているようでしたら
毅然とした態度も必要です。

そして、何より
リーダー自身も「出来ない」と「やらない」の区別が出来ているか?

見直してみてください。

ここで何度も伝えていますが、
部下は、よ~くリーダーのことを見ています。

リーダーの「出来ない」は、
本当に出来ないのですか?

実は、「やらない」のではないですか?

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は雨の中、東京へ。

さて、
ホームページの制作も進んでいき
同時並行でチラシ作成に取り組んでいます。

仕事内容を文字起こしして
見える化する。

言葉で伝えるのも大切ですが、
それと一緒に文字として伝えると
効果も倍増しますね。

ホームページもチラシも。

出来上がりましたら
ぜひご覧になっていただき
意見をいただきたいです!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉人財育成】 どんな表情で、どこを向いていますか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2015/9/24 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

突然ですが、
シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?

介護施設ですと、
祝日は関係ない方もいると思いますが、、、

僕は久々の休日でしたので、
家族と一緒に旅行に行ってきました。

そこで、とあるホテルに泊まったのですが、
そこでの出来事を書いていきます。

ホテルの中にあるレストランで
朝食を取っていたときのことです。

「パンにつけるバターが欲しい」

キョロキョロと辺りを見渡すと
ホテルの従業員(女性)が歩いているのを確認しました。

手には、
コップを抱えながら。

僕のいる場所の奥にある台へ
コップを置きに行く途中でした。

そこで、すれ違う手前で
「すいません、バターはありますか?」
と問いかけたところ、、、

従業員からは
「お待ちいただけますか」
と下向きのままボソッと一言。

そのまま歩き去っていきました。

少ししてから、
厨房の方へスタスタと歩いていき
バター片手に「どうぞ」と一言。

・・・。

はてさて、この状況は伝わったでしょうか。

突っ込みどころ満載ではありますが、
あえて一つ挙げるとすると、

僕は「下向きのまま」が一番気になりました。

きっと、
・ボソッと一言
・そのまま歩き去る
・「どうぞ」の一言

などが気になるところかと思います。
そこも改善するべき点でもあります。

ただ、何よりも
声をかけられたときの「表情と向き」は
最も大事なポイントです。

相手がしっかりとこちらの方を向き
表情が少しでも笑顔であれば。。。

恐らくそれ以降の行動についても
感情は変わっていたかもしれません。

「お待ちいただけますか」
「どうぞ」
などの言葉遣いを改善する前に

言葉を発するとき
話を聴くとき

そのときの表情と向きを改善することが必要です。

これは、
現場でも同じことが言えますね。

食事を終えて
食器を片付けるとき。

急いでいたり
慎重に行動するときなどに

ご利用者から「ちょっといいかい?」と言われた際に
どんな対応をされますか?

どんな状況でも
ご利用者第一とは、僕は正直思いません。

急いでいたり
慎重に行動するときなどは
その行動自体に集中しないと事故を起こしかねません。

だから、
待っていただくことも必要です。

ただその際には、
今日お伝えした
「表情と向き」

ここだけは、
意識していただきたいです。

ちょっとした笑顔でもいいです。

「今急いでいるので少し待っていただけますか?」
と相手の方を向いて伝えてもいいんです。

その笑顔と相手の方を向くことで、
相手の感情は大きく変わっていきますよ。

意識してみてください。

============================
【お知らせ】
初の出版をしました!
タイトルは、
「ダメリーダーでもできた!チームを動かす5つのステップ」

『リーダーなんてやりたくない』と悩む新米リーダー
『うちのリーダーのやる気を上げたい』と悩む経営者
に読んでもらいたい1冊です。

ただいま、書店で購入された方には、
素敵な特典をご用意しております。
ぜひぜひご参加ください。

http://gotoh-coach.com/lp/

============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、シルバーウィークは
仕事はしていましたが家族との時間も取れました。

静岡県富士宮市にある
「まかいの牧場」

恐らく静岡県民でしたら
「ま~か~い~の、まかいの牧場」
というCMは知っているでしょう(笑)

あそこに行きました!

牧場といっても
正直なめていました。

牛と戯れるだけかと思いきや
結構楽しめる。クオリティーが高い。

なぜか、遊具コーナーのトランポリン(5分100円)
が大人気(笑)

4歳の息子も
ジャンプ出来ていませんが
楽しめたようです。

結局、牛は見れませんでしたが、
ヒツジやヤギへ果敢にエサを与えながら
1日中楽しめました。

また行きたいですね。
出来たら平日に、、、(かなり混んでたものでして)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━