【医療・福祉】 部下との“適切な”距離感

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/29 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

部下と良好な関係を保つためには、
距離を縮めていくことは大切です。

距離が近いということは、
それだけ部下と親密になって
部下の想いを引き出せることが出来るからです。

ただ、
距離が近すぎても
部下と良好な関係が出来にくいのが
悩みどころです。

■距離が近いって?

例えば、
「何でも話してごらん」
と言いながら、“何度も”催促すること。

部下にとっては、
“言いたい”タイミングもあります。

どんなに関係性が良好でも
自分の気分によっては
「今日は何も言いたくないな」
と思うこともあります。

それに対して、
「何でもいいから、、、ほら。」
とせかすような接し方をすると、、、

部下は嫌がります。

また、
アドバイスを送ろうとする姿勢。

一見すると、部下を思っての行動に見えるのですが。。

例えば、
電話の内容に対して聞き耳を立てる。

電話越しでのやり取りは、
リーダーは気になるところです。

相手は怒っていないか
相手に適切なことを伝えているか

気になるから、
聞き耳を立てる。

■部下のため?

これは、“自分目線”です。

自分が気になるから
自分が知りたいから
自分が言いたいから

の行動です。

部下の想いを汲み取れば、
あまり距離を縮めすぎる行動は慎んでみることですね。

部下との関係が良好なリーダーを見ていると、

部下が話を聴いて欲しいタイミングで
声掛けをしています。

部下がアドバイスを求められたときに
アドバイスを送ります。

部下とどんな距離感を持っていたいか?

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに、
僕は電話の聞き耳を立てられるのが嫌いでした。

介護施設で働いていた時、
電話を切るたびに、

「今のはね、、、」

と後ろからリーダーに注意やアドバイスをされました。

もちろん、緊急性のある内容だったらいいんですが、
「自分が聞きたいタイミングで、こちらから相談するのに」
と何度思ったことか。

だからか、、

自宅で携帯から電話がかかってきたときは
自然と2階や別室へ移動してから電話に出るように。

電話は聞き耳を立てられたくないものです。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】 その言葉、美しいですか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/26 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

美しいものに焦点を当てると、
話すときも聴くときも
良いところだけが見えてくるようになります。

ちなみに、
今回“美しい”と表現しているのは

綺麗だけではありませんし、
容姿だけを問ているわけでもありません。

■悪いところを見てしまうと、、、

もし、部下の悪いところばかりを見て
悪い事ばかりを口にしていると、、、

心だけでなく外見も醜くなってしまうでしょう。

なぜなら、言葉にはエネルギーがあるからです。

人は悪い言葉を使っているときは、
身体に力が入らなくなります。

例えば、
「あの人はさぁ~、全然動いてくれないんだよね~。
・・・、はぁ~。。。」

この「はぁ~」というため息をつくと
大抵力がどっと抜けていきます。

こういった経験はありませんでしたか?

■良いところを見つける

出来るだけ人の良いところを探し、
美しい言葉だけを意識して使っていくこと。

すると、
自分の考え方や部下への関わり方が美しくなり、
関係性も良くなっていきます。

言葉遣い一つとっても、
話している自分の意識が変わると思って
部下と接してみることです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こう見えて(どう見えて?)
携帯はガラケーです。

以前スマホでしたが、
文字が打ちにくい(おじいちゃん)
画面が見にくい(おじいちゃん)
操作がしにくい(おじいちゃん)

そのため、替えました。

ただ、
新幹線の予約やら
電車の乗り継ぎの検索やら
ホテルの手配やら

毎回パソコン出して操作するのが
どうも面倒くさい(若い)

かといって、
スマホに替えるのも
どうも腑に落ちない。

ということで、
タブレットを購入しようかと。

ただいま、
おじいちゃんのような性格の僕に合う
タブレットを探しております。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】  なぜ無関心が良くないのか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/25 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

部下にとって、
リーダーにやって欲しくない事。

たくさんありますが、

“言っていることとやっていることが違う”
“何でも否定から始まる”
“無関心”

その中でも、
今回は“無関心”について書きますね。

■無関心はどんな影響を与えるのか?

無関心といっても
ある程度、定義は欲しいですね。

部下の行動を見ない
部下の悩みを聴かない
部下そのものに興味がない

こういったことを
無関心としましょう。。

部下によっては、
リーダーが無関心であると

自分の存在に不安を感じたり、
リーダーに嫌悪感を持つようになります。

ただ、何より
“自分の行動が正しいのか分からない”
という不安を与えてしまいます。

仕事一つとっても
いくらマニュアルがあっても
日々自分のやっていることが正しいのか、、

自分で判断するのにも限界があります。

リーダーとは、
チームを正しい方向へ導かせる責任があるのです。

だから、
日々部下の行動を“見る”ことです。

■無関心になると、、、

ただ、その“見る”行為をやらず
“無関心”でいると、

部下は
「これでいいのかな?違うのかな?どっちなんだろ?」

と、路頭に迷いだします。

部下からすると、
たった一言でもいいんです。

「それでいいよ」
と。

その一言でも、
見てくれている
関心を持ってくれている

と部下は思います。

じ~っと見る必要はありません。

かといって、
好き放題やらせて
見向きもしないのも問題です。

“無関心”の無をなくすには

部下の行動が正しいのか違っているのかの
判断をすることが必要です。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日恒例の家族電話。

2歳の娘が電話をかけてくれました。

電話に出た瞬間、
「パパ、ママ、二~ニ(兄のこと)、
ズボン、☆▼?■(聞き取れず)」

と、覚えたであろう単語をひたすら話し始めました。

確か先週は、
「ズボン」としゃべってはいなかった。

日に日に言葉を覚えだす娘。

また週末に帰るのが楽しみになってきました。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】 小さな言葉が持つ大きな違い

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/24 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

言葉は本当に深く
たった一言でも相手に与える感情は
変わっていきます。

もちろん、
正解はないし不正解もありません。

だから、
コミュニケーションは面白い!

そう常々思います。

■最後の言葉に注目

例えば、、

「明日の行事は来なくていい」
「明日の行事は来なくていいよ」

・・・。

この
“来なくていい”

“来なくていいよ”

最後に「よ」を付けるだけで、
言われた相手の気持ちが前向きに変わります。

また、

「これ、やって」
「これ、やってね」

・・・。

■声に出してみる

たった一言です。

それでも、
これを声を出して言ってみると
どうでしょう?

何だか、
「来なくていい」「やって」
は、強い口調で話しがちになりませんか?

最後に「!」がつく感じです。

一方
「来なくていいよ」「やってね」
は、柔らかい口調で話そうとしませんか?

たった一言の違いです。

■最後まで気を遣う

だから、
コミュニケーションは
最後の一言まで気を遣うべきです。

途中までいい感じでコミュニケーションが取れても
最後の一言で、、、、

「ん!」

っと思われてしまいます。

言葉は、表情や口調をも変えてしまいます。

意識するかしないかで、
部下との関係も変わっていきます。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も広島。

最近よく泊まっているホテルがあります。

いつもはスタンダードの部屋を予約しているのですが、
よく泊まっているためか、たまたまなのか、、、

「グレードアップした部屋をとっておきました」
と。

大の字で寝ても余裕があるベッドでした。

それはそれで大変有難い。

ただ、
これだけ大きなベッドを見ると、

ついつい
「家族4人で一緒に寝れるぐらいの大きさだな」
と思ってしまう。

今度は家族旅行でお邪魔してみるだな。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】 軽聴していませんか?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

2016/2/23 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

人の話を最後まで聞かず、
断定口調で人を否定する人がいます。

「分かった、こういうことね」
こう言ってしまうことです。

原因は、
強い先入観があるからでしょう。

■それは傾聴ではない

一方で、
話に正しく注意を払わず、
軽く聞き流す姿勢にも大きな原因があります。

熱心に耳を傾けて聴く“傾聴”とは正反対の
“軽聴”をしている姿勢のことです。

例えば、
Aさん「気合いと根性だけではダメだけど、
最低限の気合と根性は必要だよ」

Bさん「そうかなぁ。気合いと根性という発想そのものが
古いと思うよ。
そりゃあ、何をやるにしても気合は必要だろうけれど、
全てのことが気合と根性で解決するだなんて、全く思わない」

・・・。

よく見てみると、、、

両者の主張は全く一緒。

「気合いと根性だけでは上手くいかない。
けれども最低限は必要だ」です。

にも関わらず、
BさんはAさんの主張を否定しています。

BさんがAさんの話を注意深く聞いていない

つまり、“軽聴”しているのが原因です。

■反論してしまいます

こうなると、Aさんは
「だから、俺もそういってるじゃないか」
と反論したくなります。

コミュニケーションの不一致には、
実はこういった些細な違いによるものが多いです。

このように、
“軽聴”する人は、
話のみならず相手の存在そのものをも軽く扱っています。

相手と正しく向き合う。

相手の立場に立ち
物事を考えて話を聴くことです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら

人事評価制度

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、肩車にはまっている息子と娘。

何かにつけて肩車を要求。

しかも、肩車だけならまだしも
走り回らないといけない。

ちょっとだけならいいんですが、
永遠に続けさせようとしているので
身体がもたない。。。

ただ、身体を使った遊びは
パパの役目。

去年から体力が減ってきたのは実感しています。

ここは体力づくりの一環で、
肩車トレーニングを取り入れようと、、、

本気で思っています。
(ぎっくり腰には気を付けます)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ kouta@msr-miyagi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL kouta@msr-miyagi.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━