【医療・福祉】「出来るだけ早く」って、いつまで?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/2/28 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 「出来るだけ早く」って、いつまで? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「今日の議事録、出来るだけ早く作成しておいて」

ついつい言ってしまいがちな
「出来るだけ早く」という言葉。

さて、、、

いつまでに作成すればいいのでしょう?

■人は都合の良い解釈をしてしまう生き物です。

「今日中までにやれば早いほうだ」
「今週中まででもいいんじゃないか」
「次回の打ち合わせ前でも良しとしよう」

本人にとっては、
「出来るだけ早く」やっていると思っています。

ただ、
言った側からしたら、、、

「出来るだけ早くって、今日中のことぐらい常識だろ」
と思ってしまいがち。

さて、
「常識」も人は都合の良い解釈をしてしまいます。

■ここまでくればキリがないので(笑)

ここで伝えたいことは、
具体的に伝えないと伝わらない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということ。

「出来るだけ早く」
は、抽象的なので伝わらないのです。

いつまで?
という表現を加えるだけでも
早さの基準は伝わります。

伝われば、
それまでに間に合うのか
どうやって間に合わせるのか
相手は考えて行動をしてくれます。

間に合わないと感じたら
事前に報告・相談してくれるかもしれません。

■期限によるトラブルは、
介護現場でもよく耳にします。

「あの人は、仕事が遅くて困っている」
「全然期限までに仕事を終わらせてくれない」

こういった相談に対して、
相手の力量をばかりを目にするのではなく
自身の伝え方にも目を向けることをオススメします。

「普段、どういった指示をしているのか」

もし、抽象的なことばかり伝えていたら、、、、
それを改善するだけで効果が出てくるかもしれません。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に2件の打ち合わせ。

大人しく浜松市内を動き回ります!

明日から名古屋、奈良、北海道と動き回るので、
今日は仕事の合間を見つけて家族の時間を。

息子が体育教室に通っているので、
見学に行ってきます。

事前に「見に行くね」と言うと、
影で喜んでいるようなので。

照れながらも元気に体操をしているのを
楽しみに見守ってきます。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】すぐに応えない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/2/27 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ すぐに応えない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人は、
知っていることについて話題が出ると
ついついたくさん話をしてしまう傾向がある。

「私、それ知っているよ」
という感じで。

リーダーであれば、
部下から相談が来たときに
「あ~、それはね・・・」
と、すぐに応えてしまう。

■時として、
素早く返事をすることも必要です。

急ぎの案件で
早く動かないといけないときなどです。

ただ、
そうでない場合は
時として「間」を置くことも大事です。

■「その質問、分かっているんだけど」
と思っていても、一旦間を置く。

なぜ、その必要があるのか?

以前、こういった経験をしたことがあります。

「◎◎さんが、いくらルールを伝えても
全然言うことを聞いてくれないんですよ」

と部下から相談がありました。

いつもだったら、
「それはね、◎◎さんのこういった行動の時に
伝えてみるといいよ」

とすぐに応えてしまうところを、

「お~、なるほど。聞いてくれないんだね。
 ・・・・・・・・・・。」

と、相槌を打って
その後、「間」を置くようにしました。

すると、
「そうなんです。・・・・・。
 それで~」

と、部下からその後のことや自身の思いなどを
次々を話し始めました。

一通り話し終え、
もうこれ以上話すことはない、といった状況で
初めてこちらが応える。

そのときの、相手の納得感は
恐らくすぐに応えた時と比べると違っていたでしょう。

■すぐに応えることが
相手の伝えたいことを遮ってしまうこともあります。

いつでも応える事が出来るのなら
一旦間を取ってみて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
相手の反応を伺ってみるのはどうでしょう?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部下からの
意外な応えがやってくるかもしれません。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

当初、北海道へ行く予定でしたが、
急遽予定変更。

気づけば、
2月で事務所に1日いるのは初めて(笑)

どんだけウロウロしていたのか。。。

結構溜まっている書類作成に
時間を費やすことが出来るので、
逆に助かりました。

今日は大人しくカタカタと資料作成に励みます。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】仕事は伝言ゲームではない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/2/24 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 仕事は伝言ゲームではない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般的な組織図は、
ピラミッドのように上から下に向けて
該当する層が大きくなります。

トップが方針を決めて、
その情報を下におろしていく。

その過程では、
方針を言葉で伝えたり文字で伝えたり、、
伝える手段は様々です。

そのとき、
方針を「そのまま」伝えていませんか?

■「言われたことをそのまま部下に伝えた」
いわゆる伝言ゲームです。

方針を捻じ曲げてはいないので
正確に伝えるという意味では、
それも一つのやり方でしょう。

ただ、
上から下へ、、、受け流す。

特に、リーダーや主任など
中間層の立場の方々にとっては注意が必要です。

受け流すことを繰り返すと、
「上がそう言っているんだから」
「しょうがないだろ」

といった態度・姿勢に陥りがちです。

つまり、
伝える内容が他人事になってしまう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のです。

■この場合、
正反対のことを伝えてはいけませんが、
自分の言葉で伝えるのが大事です。

トップは何を考えていて
どんな方針を望んでいるのか。

それを自身で噛み砕いていき
部下へ伝えていく。

その過程を繰り返すことで、
「ただ言われたことをやっている」
といった姿勢は無くなっていくでしょう。

■トップの方針が理解できないこともあります。
直接聴く(確認する)ことも勇気が必要です。

ただ、
仕事は伝言ゲームではありません。

言われたことをそのまま受け流すのではなく、
言われたことを自分の言葉で伝えること。

それによって、
自身だけでなく部下の仕事の質も変わってきます。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も東京。

午後に1件の収録(打ち合わせのような感じ)。
その後浜松へ戻ります。

昨日は、訳あって
都内をグルグルと歩き回っていました。

浜松から東京駅に到着後、
高円寺⇒飯田橋⇒九段下⇒新宿⇒北千住⇒浅草
と。

全て仕事ですが(笑)

途中、この場所だ!と思って伺ったところ
「違う!」と言われ遠回りをしたところもあります。

合計で何キロ歩いたんだろう。

さすがに、
足がパンパンでした。。。

さて、
本日はそこまで歩かないので
足を休めながら仕事頑張ります!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】「言ったら辞めてしまう」オーラを出さない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/2/23 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 「言ったら辞めてしまう」オーラを出さない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「最近の若者は、注意するとすぐ辞めてしまう」

こういった悩み相談は最近特に多くなってきました。

あまりキツイことを言うと、
次の日に「辞めます」と言われても困る。

リーダーとしては、
1人でも人員が減るとそれだけ周りに負担がかかります。

だから、
出来るだけ辞めてもらいたくないので
あまりキツイことが言えない。

■ただ、
その「言ったら辞めてしまう」オーラを出すこと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これが相手に伝わってしまうと、どうでしょう?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・。

私だったら、、、、

「あまりいい気分にはならないです」

そんな甘っちょろい姿勢で仕事をしていないし、
何だかひ弱な人間に思われているのが嫌。

「後藤くん、あっ、、、やっぱ何でもない」
などと、気を使われている話し方をされてしまうと、

「何だよ!はっきり言えばいいのに!」
などと感じる人もいるはずです。

部下は、
ひ弱に見られたいと思っていませんし

「キツイこと言ってきたらすぐに辞めてやるからな」
と常に身構えながら仕事をしているわけでもありません。

全てとはいいませんが、
多くの方は対等に接して欲しいと思っています。

だから、
「言ったら辞めてしまうかも」と
そもそも発言をしない、というのはやめたほうが良いです。

■人は、
気を使われていると思うと
いい気分にならず、逆効果になることもあります。

だから、
伝えるべきことは伝える。

それも
自信を持って伝える。

簡単なことではないかもしれませんが、
「ビクビクして結局伝えない」よりも
ずっと良いと私は思います。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
朝から東京へ。

午前に1件の打ち合わせ。
その後、東京労働局へ。
午後から1件の研修。

東京をウロウロと動き回ります!

先日は、
初めて自身の起業話を
同業の方々にしました。

今までの生い立ちから、
過去の辛い体験、
ターニングポイントまで

意外と振り返ってみると、
ほんと色んなことがあったな~っと
感慨深い思いになりながら話しました。

まあ、そんなに起業して経っていないんですが(笑)
内容の濃い日々を過ごしているってことですね!
いい体験をしました。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】会話を続ける方法とは?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/2/22 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 会話を続ける方法とは? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前の私は、部下との会話では
「クローズドクエスチョン」のオンパレードでした。

「クローズドクエスチョン」というのは、
こういった質問をすることです。

「今日の報告書は書いた?」「はい」
「今日の体調はいい?」「はい」
「疲れてる?」「いいえ」
「仕事していて楽しい?」「はい」

つまり、「Yes」か「No」しか答えられない質問のことです。

こういった質問を部下にしていると
毎回のように会話が途切れてしまうので、
次が続かないのです。

そのため、間には重たい沈黙が続き何だか、ぎこちない。

■たまりかけずに会話を続ければいいのですが、
もう次に話すこともないので、、、

何も言わずに立ち去っていく。

そういった感じで、
いつも部下との会話が終わります。

クローズドクエスチョンを繰り返していても、
会話のキャッチボールが出来にくいということだけでなく、
そこでの部下の気付きや行動が促されません。

■そこで、私は、
オープンクエスチョンを多く使って
部下に質問をするようになりました。

「今日の報告書はどういった内容を書いた?」
「薬の変更や衣類の追加などです。
 後は利用者の食事の時の表情の変化を書きました。」

「体調を良くしておくために何に気を付けてる?」
「朝起きたときに、野菜と果物をミキサーで
 細かくしていつも飲んでます。」

「仕事をしていて、どんなときが楽しい?」
「利用者が話してくれる、昔の話や武勇伝を聴くことです。」

このような質問をすることで、
「利用者の表情はどんな感じだった?」
「どんな野菜を使ってるの?」
「そのとき、一番興味深かった昔話はどんな話?」など、

会話が続きやすくなり、
また部下の想いや意識していることを
確認することが出来ます。

■ただまずは、
「質問で部下の本音を!」と気を立てすぎずに、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「会話が楽しく続けられるように」意識して質問をすることです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、単に「雑談」でも構いません。

会話が続くということは、
それだけ会話のキャッチボールがスムーズだということです。

ここから始めることで、
やがて「自然」と部下の気付きや行動が促されます。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ
午後に1件の講演

浜松から豊川、名古屋と動き回ります!

最近、
仕事で調子が良いときも悪いときも
感情に変化が出た時に「本屋」へ行きます。

その時の感情に合った本が見つけやすいからです。

知識を高めるため
自己啓発のため
心を癒やすため

それぞれにあった本を買い
そのときに読む。

これが一番本の効果を高めると感じています。

ということで、
昨日は4冊。

色んな感情が出ていたので(笑)

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━