【医療・福祉】個別面談の最適な時間設定とは?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/3/31 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 個別面談の最適な時間設定とは? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「スタッフと個別面談をするときは、
どれぐらいの時間が必要ですか?」
といった質問を受けることがあります。

一様には言い切れないところはありますが、
出来るだけ短い時間設定が良いです。

というのも、
時間を長く設定すればするほど
内容の濃い時間を提供できるかというと、
そうとは限らないからです。

例えば、部下との会話の中で、
ついつい長々と話してしまうことはありませんか?

あれもこれもと話してしまうと

相手にとっては、
「長いな~、早く終わらないかな~」
って思ってしまいます。

■でも、この
長々と話してしまうという原因には
「自信のなさの表れ」があります。

つまり、
自信のなさを情報の多さでカバーしたいのです。

自分には実力がない
何かが足りない
認められていない

そんな不足感が原因です。

■僕もダメリーダー時代は、
正しくそんな感じです。

「とにかく沢山話せば分かってくれる」
と思って、必要のないことまでベラベラと話していました。

でも、、、全く伝わっていません。

「結局は、何が言いたいの?」
ってなるんですね。

そこで、どうしても自信がなく
どうしても長々と話してしまう方へ。

「結論から先に話す」
ように意識してみてください。

■結論から先に言うと、
自分も話しやすく、相手にも伝わりやすいです。

例えば、
「●●さん、××の件について
 Aのパターンでやろうと思うんだよ。
 理由としては◎◎だから。どうかな?」

長々と話してしまうと、
どうしても結論が後になりがちです。

何を伝えたいのか不明瞭で、
結論が後になればなるほど、

相手には「それで何なの?だから何?」
とイライラさせてしまいます。

話しの長いリーダーは、
分かりやすく、スマートな話し方をすることです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

年度末最後の追い込み。

モレがないか、が一番大事。
資料の細かいところも再度チェックしていきます。
年度末が提出期限の資料もたくさんあるので。

ここを乗り切れば、
4月は新入社員研修。

「書く」から「話す」へシフトします。

声が枯れないか、が心配。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】認められたい欲求

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/3/30 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 認められたい欲求 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「マネジメントするにおいて、最も必要なスキルとは何ですか?」
と相談されれば、
真っ先に答えるのが「承認」です。

なぜなら、
人は「承認」に飢えているからです。

私は職業柄、
日頃から色々なレポートやアンケートを読む機会があります。

「人材定着」
「離職」
「教育」
「研修」

などが、主な内容です。

私によっては、
今の事業に大きく関わりがあるので
動向は常にチェックしています。

そのなかで、
必ずといっていいほど書かれているものが
「自分の存在を認めてもらいたい」
ということ。

日本人というくくりをしても、
とにかく現代の日本人は「日常の承認」を求めています。

■「かまってもらうこと」
「存在を認めてもらうこと」
にどれだけ飢えているか、明らかに
「承認不足」の状態にある組織が多いです。

ただ、
承認といっても、

褒めちぎって欲しい、とか
成果が出たらすぐに気付いて昇進してほしい、など
大それたものを求めているのかというと、
そうとは限りません。

多くの人が求めている承認は
決して大それだものではなく、
控えめで慎み深いものなのが実情です。

・ちょっとした感謝の言葉
・苦労をしている姿を見てくれている
・褒めてくれなくても、一言声を掛けくれるだけでいい

実は、ちょっとしたことでも
満足することが多いのです。

■逆に、、、、

いきなり褒められたり
いきなり出世したり
いきなり扱いが変わる

このような場合、戸惑い、疑いを持ってしまう。
逆効果になります。

だから、
小さな承認から始めることが一番効果的です。

今まで一声かけていなかったら、
まずは一声かけてみる。

今まで単に褒めているだけだったら、
少し具体的に褒めてみる。

そこから始めてみるのはいかがでしょう?

急な変化よりも
ちょっとした変化の方がいいです。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
朝から豊橋へ。

幹部と納得した答えが出てくるまで
ひたすらミーティングです。

怒涛の助成金申請も一段落して、
気がつけば3月も残り数日。

今月は何かと余裕がなく
せわしなく動き回った気がします。

4月に入ると
最初の方は新入社員研修が続きます。

そこまでは、
何とか踏ん張っていきたい!

その後は何か自分にご褒美でも考えてみよう。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】新人の才能を見出す

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/3/29 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 新人の才能を見出す ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「勤務年数が多ければ、
それだけでスタッフの質は違うわけではありません。」

評価制度の支援をするとき、
常々このことを考えさせられます。

経験が増えれば、それだけ知識も増えます。
ただ、元々ある素質や姿勢は
経験に関係なく評価をするべきポイントです。

■当然、ベテランだけでなく
新人にも優るものはたくさんあります。

例えば、
コミュニケーション
笑顔
柔軟性
などなど。

それぞれには、
個性も含まれていて
それを好むご利用者もいるはずです。

例えば、
敬語が苦手な新人が、
一見するとご利用者から嫌われることもありますが

方言やなまりがある言葉を使うことで
それだけで好かれることもあります。

また、
「親しみやすさ」のある言葉遣いや表現の仕方は、
もしかしたら若いスタッフの方が得意であることもあります。

いずれも、
経験年数だけで培うものではありません。

最初から兼ね備えている新人もいるわけですし
ベテランスタッフが必ず備えているわけではありません。

■新人にも優るものがあります。
だから、面白いし、誰でも可能性があるわけです。

実は、その可能性に気づかせることも
「やりがい」に繋がります。

私は何にも出来ない

新人にとっては
そう思ってしまう時期はきます。

特に、入社して最初の時期は
右も左も分からない状況なので
尚更やりがいには敏感に反応するものです。

そういったときに
新人にも優るものを見つけ
そして伝えることで「やりがい」に繋がるのではないでしょうか。

例えば、
会社の業務マニュアル作成をしているときに、
敢えて新人に意見を求める機会を設ける。

主体的に動いてもらうのは荷が重いかもしれませんが、
意見を求める程度だったら
「私にも施設の貢献が出来ているのかも」
といった感情を与えることが出来ます。

よく、「新人をプロジェクトに抜擢する」という言葉を
聴くことがあります。

これは、
「才能を見出し、経験を積ませるために抜擢する」
という見方もあれば、
「新人ならではの考え・姿勢をプロジェクトに取り入れる」
という見方も出来ます。

■だから、
入社してすぐの時期は「教育」が基本であっても
意見を求めたりプロジェクトに参加してもらうなど、
会社の一員であるといった行動は新人のやりがいを
大きく変化させることが出来ます。

新人の優れた才能、
見出してみませんか?

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
朝、京都の労働局へ。
その後、浜松へ戻り1件の打ち合わせ。

京都から浜松まで動き回ります!

最近、ノートパソコンの調子が悪いです。
途中でフリーズしたり
何だかよく分からない文字が最初に出てきたり。。。

そろそろ買い替えの時期でしょうか。

そう思うと、何だかウキウキしてしまいます。
新しいものを検討するのはいいものですね。

ちょっとした気分転換に活用できるかもしれません。

っといっても
そんなに安価なものではないので、、、

あまり頻繁にやってしまい
浪費しないように気をつけます。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】伝えたことを覚えておくこと

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/3/28 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼伝えたことを覚えておくこと ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「何で、この前言ったことを守らないんだ!」

つい、部下に怒ってしまったことはありませんか?

伝えたことが守れない

リーダーとして、
部下がたるんでいる、やる気がない
と思う気持ちは良く分かります。

・一度言ったら、必ず守れ
・何度も伝えたら相手も分かってくれる
・言ったことはメモを取るのが当たり前

仕事において伝える場面は多岐にわたります。

だから、
伝えることに注力されているリーダーも多いでしょう。

■ただ、、、

ここで今一度立ち止まって振り返ってみましょう。
リーダー自身、今まで部下に伝えてきたこと。

何を見直すのか?というと、、、
「この前伝えたことと、今伝えたことは一緒ですか?」
ということ。

これが、、、意外と盲点です。

いわゆる
「部下からAと言われたらBという」
「ならば、Bと言われたら、、Aという」

という伝え方をしていませんか?

■多岐にわたる仕事をこなすうちに、
リーダーが部下に伝えていることがブレることがあります。

そういったなかで、例えば
先日「じっくり考えて決めなさい」と部下に伝えたはずなのに、

そのことを忘れていて
今日「もっと早く決めなさい」と伝えている。

このブレが、部下に不信感を与えてしまいます。

こういったブレは、
部下はよ~く覚えているものです。

■部下に限らず、人間は
自分にとって不条理に思えることを言われたときに
そのことをよく覚えてしまいます。

「さっきと言ってることが違うじゃん」

そういったことを部下から言われたら要注意です。

自身が誰に何を伝えたのか。

リーダーにも、伝えたことを覚える責任があります。

一語一句覚える必要はありませんが、
以前伝えたことと全く逆なことを伝えるのは
控えましょう。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
始発の新幹線に乗って大阪へ。
その後、京都、奈良と行き
その日に浜松へ戻ります。

移動距離の多い1日になりそうです。

息子は、私を見ると、
遊んでモードが入るようです。

逆に私がいない間は、
「パパと遊びたい」とダダをこねることはないようです。

つまり、
仕事が立て込んでいる時は
会わないほうがいいということ。

っと、嫁に言われました。

何だか複雑ですが、
変な期待を息子に与えてしまうのも良くないので
気をつけるようにしています。

ん~、やっぱり複雑。。。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】今の状況に合わせて説明をする

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論

                     2017/3/27 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 今の状況に合わせて説明をする ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新入社員を指導する上で、
今のレベルに合わせた説明が必要になります。

経験を積むことで、
専門用語や簡潔な説明でも理解することが出来る一方、

初めて学ぶ新入社員にとっては
まずは「慣れる」というステップから入ります。

この、経験者と新人による理解度を把握した説明が、
指導する上でとても大事になります。

■以前、私が新人だった頃、
リーダーから様々な仕事内容を教えてもらっていました。

そのなかで、今後の経営戦略に関する内容になると、
「マネタイズとしては
 ロングテール型の地道で時間のかかるもの」
「ディープラーニングと、
 シェアリングエコノミーが外部要因として大きい」

私としては、全くこの言葉に慣れていないため、
一体何の説明が理解できていません。

そのなかで、当のリーダーはというと
「まあ、10年経てば俺の言ってることが
 理解できるようになるよ」
と言われました。

■「いや、10年ではなく、
  今分かるように説明してくれ」
というのが私の本音です。

リーダーにとっては
「今分からなくても、いずれ分かるよ」
と伝えたかったのかもしれません。

ただ、それは
リーダーの都合でのみ説明したに過ぎません。

一見、かっこよく言っているし
これから頑張って追いついてみろ!
と言う激励にも聞こえます。

でも、
新人にとっては、、、

本音は
「今分かるように説明して欲しい」
です。

■だから、物事を説明するときは
“分かりやすさ”
がとても重要になります。

どれだけ難しいことを
「分かりやすく」
「理解できる」
ように説明するかが
腕の見せ所になります。

決して、
専門用語を並べたり
難しい単語を並べたりして、
考えさせるものではありません。

■もちろん、
新人に考えさせるのは大事です。

ただ、
新人に考えさせる道筋を示していかないと、
どこに向かって進めばいいのか分かりません。

その状態で
考えさせるのは酷です。

物事を分かりやすく説明した上で
考えさせるという手順が必要です。

10年後ではなく
『今』分かるように説明してください。

意識してみてください。

——————————————————

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
 介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
 http://gotoh-kaigo.com/service/jinji/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
 http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
 http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ
午後に役所回りをして、その後1件の説明会。

浜松から磐田まで動き回ります!

今月も残りわずか。
年度またぎのこの時期は
何かと提出物が多いです。。。

役所への書類は、誤字脱字は命取りなので、
細心の注意を払いながらも、
期日に余裕を持って提出するのが鉄則です。

と言いながらも、もう時間はあまりない。

その狭間で今週は何とか乗り切ります!

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:ふくしえん社労士事務所
 発行責任者:後藤功太
 〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
 E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
 http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━