プロフィール

ふくしえん社労士事務所 代表
人材定着コンサルタント
社会保険労務士 後藤功太

1982年兵庫生まれ静岡育ち。小学3年生のときから「介護の仕事をしたい」という志を持ち、日本福祉大学へ入学。社会福祉学部で高齢者福祉専攻。

卒業後は、訪問入浴、デイサービス、ショートステイ、特別養護老人ホームにて生活相談員兼介護職員として従事。「徹底的に聴く」リーダー論を基に、スタッフのやりがいを引き出すことで職場活性に繋がり、離職率20%だった職場を1年で5%まで軽減。人材定着が業務改善に好影響を与え、ショートステイ年間稼働率を50%からわずか1年で98%まで改善。2014年、介護に特化した社会保険労務士として「ふくしえん社労士事務所」を設立。

「Keep liking(介護を好きでい続けるための支援)」をコンセプトに、スタッフを定着させるための研修・人事評価制度策定を得意とする。

セミナーや講演は、「スタッフ間のコミュニケーション改善」「リーダーマネジメント」「介護経営」を中心に、年間100日を超える。豊富な事例と分かりやすさを追求した内容は、「すぐに実践できそう」「まるで自分のことを言われているみたい」という声を頂く。

自らのメルマガ「【医療・福祉】“気付き”を与え“行動”を起こす人財育成論」では、コミュニケーションやリーダー育成に有益な情報を送り続けている。

【出版・執筆実績(一部)】

  • そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!(アニモ出版)2017年
  • ダメリーダーでもできた!できるチームを動かす5つのステップ(秀和システム)2014年
  • 人間力が介護の現場を変える!(同友館)2014年 共著
  • 「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」「どう巻き込む?!リーダーが孤立しない「業務改善」の具体策」等(真・介護キャリア)
  • 「“介護人間力”アップを目指す!」(デイの経営と運営)

【講演先(一部)】

キヤノン、日本FP協会静岡支部、エクシング株式会社、浜松ホトニクス株式会社、東海道シグマ、国際協力センター、浜松市社会福祉協議会、浜松市男女共同参画推進、江南市教育委員会、名古屋市東区役所企画経理、名古屋市天白区保健所、豊明市市民協働課、名古屋市中村区まちづくり推進、えんしゅう介護福祉サービス研究会など 他多数

【私について】 後藤功太 人材定着コンサルタント

介護施設に勤務していた時のことです。

私は、「男だから、大卒だから、正社員だから」という理由でリーダーになりました。
「介護という仕事は好きだ。でも、リーダーになりたくてこの仕事をしているわけではない」
正しく「リーダーになりたくないのに、なっちゃったリーダー」でした。

元々、介護の仕事をやりたいと思いながらも、、、
口下手で人と接するのが苦手な性格。

特に、目上の方に会うと急に委縮して吃ってしまう。
年上部下の多い職場だったため、リーダーシップがまともに取ることが出来ませんでした。

そのため、部下からは「無視される」「怒鳴られる」「バカにされる」毎日。。。

このままでは、大好きな介護自体が嫌いになってしまう。
ご利用者は好きなのに、スタッフ間との関係が悪いから辞める。。そんなのは嫌だ!

この想いから心機一転。
必死にコミュニケーション改善、リーダーマネジメント論のビジネス書を読み漁りました。

口下手な私でも出来るリーダー論とは?
職場の雰囲気を高め、スタッフ皆が協力し合う職場にするには?

試行錯誤の末に編み出したリーダー論が、「ダメリーダーでも出来る!チームマネジメント術」。
徹底的に聴くスタイルから、スタッフの定着に必要な要素を取り入れた指導を実践してきました。

この経験が、
今独立をして多くの介護事業所へ提供している「人材定着のための研修・人事評価制度策定」
という独自ブランドに繋がったわけです。

私は、介護現場の経験から今多くの介護事業所へ人材定着の支援をしております。

【メッセージ】

介護業界では、「人手不足」が昔から大きな課題の一つだと言われています。

人手が足りないことで満足のいくサービスが提供できず、
それによって利用者にも負担がかかってしまう。

そういった光景を見て
「自分のやりたい介護が出来ない」
という想いから、離職してしまう。

この悪循環が、人手不足を起こしている原因の一つに充てられます。

なので、国としてもとにかく介護スタッフの増員をするように!
補助金や優遇制度を使いながら支援をしています。

また、たくさんの方が
「介護スタッフを増やすためには!」
といった題材でセミナーをしたり研修を開催しています。

以前どこかのサイトで見かけましたが、ある介護に特化したコンサルタントは
「私の目標は、介護業界を人気No.1にすることです」
という目標を掲げていました。

介護業界が大いに盛り上がることは賛成であり、それによって人手不足が解消していくことは、
現場スタッフにとっても、何よりも嬉しいことです。

そういったなか、
「私にできることは何だろう?」
と、ずっと考えました。

すると、こういった想いが浮き出てきました。

「私は、介護業界を人気業界にしたいわけでもなく、
介護スタッフを人気職種にするつもりはない。
介護という仕事を、【好きでい続ける】ための支援をしたい」

ここからは私見になりますが、介護という仕事を選ぶということは、
それだけの理由があると思っています。

「給料」
「待遇」
「昇進」
「仕事の大変さ」

こういった基準を重視して仕事を選ぶ人は、
「介護」という世界には来ないと思います。

では、なぜ今介護施設で働いている人は、介護という仕事を選んだのか?

それは、「介護という仕事が好き(興味がある)だから」

全ての方が共通しているわけではありませんが、何の障害もない状況で仕事を選ぶ際に、
介護という仕事を選んだということは、ほとんどがこの理由だと思います。

介護という仕事が好きでこの世界に入り、ずっと続けていきたいと思い、
仕事に取り組んでいます。

でも、様々な理由で離職を余儀なくされていく姿を今まで多く見てきました。

全くの異業種から、介護業界に興味を持ってもらい転職してもらうことで、
介護人材を増やしていくことも大事です。

更に、既存の介護スタッフにある「志」を取り戻し、入社当初に抱いていた

「介護という仕事が好き」 という感情を持ち続けることで、「離職を防ぐ」ことも大事です。

「スタッフを増やす」ための支援を継続していきながら
「スタッフを守る」ための支援も必要です。

私の事務所は、ここに特化して取り組んでいます。

介護を好きで仕事をしているスタッフを
「職場の雰囲気が悪いから」
「あのスタッフがいるから」

こういった理由で辞めさせたくないのです。

スタッフを大切にしたい!
スタッフは家族同然だ!

だけど、、何故かスタッフがどんどん辞めていく。

こういった悩みを抱えている介護事業所さま。

「介護が好きで、いつもイキイキと働いているスタッフ」でいっぱいの
職場にしていきませんか?