【介護人材定着】1,587号 介護の仕事を志したときを思い出す

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/4/2 1,587号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

=============================
新刊が出ました。

「介護医療施設でスタッフがスグに辞めない職場づくり57の秘策」
www.amazon.co.jp/dp/4863675593

介護医療に特化した社会保険労務士として、
これまで全国の介護医療施設へ直接訪問し支援してきました。

そこでは、
現場ならではの人材における悩みや
現場に合った支援方法があるのに気づいたわけです。

現場あるあるを豊富に盛り込んだ、渾身の1冊。
ぜひ人材定着に向けての指南書として1冊いかがでしょうか?

www.amazon.co.jp/dp/4863675593

=============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 介護の仕事を志したときを思い出す ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護という仕事は、
周りから見たら特殊かと思います。

給料が安い
体力を使う
難しい相手と接する

決して、
高給な仕事でもなければ
人気職種というわけでもありません。

そのなかで、
介護という仕事を志し
今仕事をしています。

さて、
なぜ今介護の仕事をしているのでしょう?

きっと、
介護という仕事をしようと思った
「きっかけ」や「思い出」があってのことかと
思います。

■そんな私にも、
介護という仕事を志した「きっかけ」がありました。

私が「介護の仕事をしよう」と思ったのは
小学校3年生の時です。

よくある小学校の行事で、
「高齢者施設に行って、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に遊ぶ」
というものがありました。

当時、何の施設だか全く分かっていませんでした(笑)

それこそ、目の前にいるおじいちゃんおばあちゃんと
一緒にご飯を食べて、一緒に遊んで
楽しい時間を過ごして。

そして、帰る。

ただ、、、、

その帰り際のことです。

「バイバ~イ」と
小学3年生なりのノリで挨拶をしたところ、
目の前のおばあちゃんが泣いていたのです。

そのおばあちゃんというのは、
その日私が常に一緒にいた方で

一緒にいる間
ずっとニコニコしていた印象が今でも残っています。

そのおばあちゃんが泣いている。

今だったら気付くかもしれません。

認知症だったかもしれません。
別の理由で泣いていたかもしれません。

でも、当時
小学校3年生だった私が感じたことは

「遊んだだけでこんなに喜んでくれるんだ。
じゃあ、いくらでも遊んであげるのに」

小学3年生なので、上から目線でしたが(笑)
純粋に、この介護という世界に興味を持ったわけです。

■そして、
「介護の仕事をしたい!」と思ったのが
その日に感じたことです。

これが、私が介護という仕事を志した
「きっかけ」です。

仕事で行き詰ったり
仕事への取り組みに迷いが生じたときは
その当時のことを思い出すようにしています。

「なぜ、介護の仕事を志そうと思ったのか?」

思い出すと、迷いがなくなっていきます。

皆さんは、
今の仕事を志した「きっかけ」はありますか?

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

2020年度に入り、
これからの働き方もそうですが、
生き方も大きく変わっていくのかもしれません。

私なりに、
仕事とプライベートの調和はかなり意識してきています。

どんな生活を望んでいるのか
どんな時間の過ごし方を幸せと感じているのか

何だかスピリチュアルな表現ですが、
魂の持ち方が今後問われていくのだと思います。

家族とゆっくり過ごす時間もあれば
ガッツリ仕事をする時間もあれば
一人でゆっくり読書をする時間もある

このバランスを大事にしていきたいですね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141