【介護人材定着】1,590号 どこまでが事後報告?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/4/7 1,590号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

=============================
新刊が出ました。

「介護医療施設でスタッフがスグに辞めない職場づくり57の秘策」
www.amazon.co.jp/dp/4863675593

介護医療に特化した社会保険労務士として、
これまで全国の介護医療施設へ直接訪問し支援してきました。

そこでは、
現場ならではの人材における悩みや
現場に合った支援方法があるのに気づいたわけです。

現場あるあるを豊富に盛り込んだ、渾身の1冊。
ぜひ人材定着に向けての指南書として1冊いかがでしょうか?

www.amazon.co.jp/dp/4863675593

=============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ どこまでが事後報告? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

報連相のなかでも、
「報告」は最もリーダーにとって
部下に臨んでいることではないでしょうか?

「●●さんのご家族から明日の送迎についてご連絡がありました」
「○○時○○分に2階で●●さんが転倒されました」

報告を随時していくことで
リーダーとしては状況把握が出来、
そこでの的確な指示やアドバイスが出来るわけです。

ただ、
それだけ「報告」が大事だという反面、
多くのリーダーが頭を悩ませていることとして

「事後報告」があります。

■「何でもっと早くに言わなかったんだ!」

皆さんは、
部下にこういったことを、言ったことありませんか?

ヒヤリハット・事故
イベントの企画・実施
ご利用者の家族とのやり取り

様々な場面で、
情報が流れ、その都度「報告」という手段が必要になります。

リーダーとしては、
物事が起きたときに、その都度「事前報告」をし
未然にミスを防いだり、より効率的な行動が出来るように
対処したいと思っている方も多いです。

そのため、
「まずは事前に報告をしてもらわないと困る」
と悩むリーダーが多いのが現状です。

ただ、
部下にとって「どこまでが事後報告になるの?」
と疑問を持つ方も多いです。

例えば、
ご利用者の家族から相談を受けた際に
その場で答えたり、提案をすることもあります。

そのあとにリーダーに報告をするときも
「事後報告」になるでしょうか?

事故を起こしてしまい、
急いで救急車を呼び、各自連携を取って対処した。

そのあとにリーダーに報告をするときも
「事後報告」になるでしょうか?

■きっと、
「そんな細かいところまで求めていないよ」
と思われるかもしれません。

私が言いたいのは
「どこまでが事後報告なのか、を部下に伝えていますか?」
ということです。

リーダー自身のさじ加減で
「何でもっと早く報告しないんだ」
と怒っていないか?ということです。

報告にも
「どういった場面では、一度報告をするように」
という場面ごとの指示をすることが大切です。

報告一つとっても
「事前報告をする必要がある」
「事後報告でも構わない」
というルールを作ることです。

そうすることで、
「何でもっと早く報告しないんだ」
というストレスが軽減していきます。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後に2件の打ち合わせ。

緊急事態宣言が出るということで、
介護業界も休業要請が来るのではないかと
ザワザワし始めました。

売上の補償は?
スタッフへの補償は?
ご利用者へのサポートは?

などなど、対応が迫られています。

そこで、弊社でもこういった悩みの中の
「スタッフへの補償は?」に対して支援が出来るように

雇用調整助成金の支援を案内しています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

特例措置も続々と変化しているので、
情報を追っていくのは大変ですが、
何よりスタッフの安心と補償をもたらす助成金ですので、
活用することをおススメします。

「申請の仕方が分からない」
という方は、気軽にご相談ください。
弊社アドレス先:info@gotoh-kaigo.cpm

申請代行も可能なので、
ご希望の方はその旨ご連絡ください。

スピードが求められるものですので、
早めの決断をされた方がいいです。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141