【介護人材定着】1,623号 会話が続かないときは、、、

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/5/28 1,623号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

=============================
新刊が出ました。

「介護医療施設でスタッフがスグに辞めない職場づくり57の秘策」
www.amazon.co.jp/dp/4863675593

介護医療に特化した社会保険労務士として、
これまで全国の介護医療施設へ直接訪問し支援してきました。

そこでは、
現場ならではの人材における悩みや
現場に合った支援方法があるのに気づいたわけです。

現場あるあるを豊富に盛り込んだ、渾身の1冊。
ぜひ人材定着に向けての指南書として1冊いかがでしょうか?

www.amazon.co.jp/dp/4863675593

=============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 会話が続かないときは、、、 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前の私は、
部下との会話では「クローズドクエスチョン」のオンパレードでした。

「クローズドクエスチョン」というのは、
こういった質問をすることです。

「今日の報告書は書いた?」「はい」
「今日の体調はいい?」「はい」
「疲れてる?」「いいえ」
「仕事していて楽しい?」「はい」

つまり、
「Yes」か「No」しか答えられない質問のことです。

こういった質問を部下にしていると
毎回のように会話が途切れてしまうので、
次が続かないのです。

そのため、
間には重たい沈黙が続き何だか、ぎこちない。

たまりかけずに会話を続ければいいのですが、
もう次に話すこともないので何も言わずに立ち去っていく。

そういった感じで、いつも部下との会話が終わります。

クローズドクエスチョンを繰り返していても、
会話のキャッチボールが出来にくいということだけでなく、
そこでの部下の気付きや行動が促されません。

■そこで、私は、オープンクエスチョンを多く使って
部下に質問をするようになりました。

「今日の報告書はどういった内容を書いた?」
「薬の変更や衣類の追加などです。
後は利用者の食事の時の表情の変化を書きました。」

「体調を良くしておくために何に気を付けてる?」
「朝起きたときに、野菜と果物をミキサーで細かくしていつも飲んでます。」

「仕事をしていて、どんなときが楽しい?」
「利用者が話してくれる、昔の話や武勇伝を聴くことです。」

このような質問をすることで、
「利用者の表情はどんな感じだった?」
「どんな野菜を使ってるの?」
「そのとき、一番興味深かった昔話はどんな話?」など、

会話が続きやすくなり、
また部下の想いや意識していることを確認することが出来ます。

■ただまずは、
「質問で部下の本音を!」と気を立てすぎずに、
「会話が楽しく続けられるように」意識して質問をすることです。

それは、単に「雑談」でも構いません。

会話が続くということは、
それだけ会話のキャッチボールがスムーズだということです。

ここから始めることで、
やがて「自然」と部下の気付きや行動が促されます。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
終日オンライン研修の受講

事務所に籠って仕事をする時間が多くなったことで、
自分の強み
これまでの行動
今後の戦略
をじっくり考えることが出来ています。

大事なのは、
「これからの行動」を実際に起こすこと。

「よし、やってみよう!」と思うのは、
誰でもできます。

思ったことを行動に起こしてこそ、
次に進むことが出来ます。

それを身に染みて感じているので、
今日と明日の研修受講では、
実際に行動を起こしながら話を聞こうと思います。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141