【介護人材定着】1,626号 ダメリーダーだからこそ出来た

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/6/2 1,626号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

=============================
新刊が出ました。

「介護医療施設でスタッフがスグに辞めない職場づくり57の秘策」
www.amazon.co.jp/dp/4863675593

介護医療に特化した社会保険労務士として、
これまで全国の介護医療施設へ直接訪問し支援してきました。

そこでは、
現場ならではの人材における悩みや
現場に合った支援方法があるのに気づいたわけです。

現場あるあるを豊富に盛り込んだ、渾身の1冊。
ぜひ人材定着に向けての指南書として1冊いかがでしょうか?

www.amazon.co.jp/dp/4863675593

=============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ダメリーダーだからこそ出来た ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、私が以前勤めていた介護施設での
エピソードをお伝えしたいと思います。

とても簡易的に書いていますので
イメージしにくいかもしれませんが、、、

私が初めてリーダーとしてまとめ上げることが出来た
出来事でした。

=============================

■ある利用者Nさんからの相談でした。

「一人で外出をしたい」

私の勤めていた施設では、
主に介護が必要で、
一人で生活することが困難な方が利用していました。

介護とは、一人一人の要望があって、
それぞれに対する接し方も違ってきます。

介護の度合いが違うために、
介助の仕方もそれぞれだからです。

そのため、完全なマニュアルは存在しません。

だから介護現場では、
一人一人に対してスタッフがチームとして考え、
実践していくことが必要となります。

そういったなか、冒頭のNさんから
「一人で外出したい」という相談が来たわけです。

■今まで一人で外出をさせることは、
「交通事故に遭う」
「責任が取れない」といったリスクがあるために、
実際に行ったことはありません。

そのため、スタッフの皆からは
「絶対に無理」という意見で一致していました。

私も、そのうちの一人です。

一人で外出させることは、
「やったことがないから怖い」という想いでした。

ただ、Nさんとは施設に入所する前から知っていた方で、
Nさんからも私に信頼を寄せていたことが、
私にも分かっていました。

Nさんは、施設に入所するまでは一人暮らしで、
一人で外出して買い物をすることを生きがいにしていました。

そのことを私はよく分かっていたので、
Nさんの切なる想いが痛いほど伝わってきます。

■「Nさんのために、何か方法はないのだろうか?」

この想いになったときに、
まずダメリーダーである私が思い浮かべたことは、
「一人では解決できない」ということでした。

Nさんの希望を実現させるためには、
周りのスタッフの協力が必要不可欠ということです。

でも、まとめる力もなければ発言力もないので、
とにかく私にはできることが限られていました。

そのため私に出来ることとしたら、
とにかく「質問をして意見を聴く」ことでした。

質問をしながら、
「Nさんのために自分たちにできることは何なのか?」
を部下に聴き回りました。

すると、始めは「無理」だと言っていた部下も、
次第に「こうすれば出来るかも」
といった意見を聴きだすことが出来るようになり、

次第に部下からも提案をしてもらうようになりました。

■この部下とのやり取りは、
次第に周りのスタッフにも伝わっていき、

やがて私の意図していないところで
周りを勝手に巻き込むことが出来たのです。

それは施設全体にも広がっていき、
Nさんが一人で外出できるための支援体制を
整うことが出来ました。

遠方にいる家族との連絡調整
外出する際によく立ち寄るお店の方の協力
緊急事態に備えて携帯を持参してもらう

あらゆる事態に備えて、
起きうるリスクを最小限まで抑えていきました。

完璧なことは出来なくても
「何とかNさんを一人で外出させたい」

その想いが、部下だけでなく
施設全体をも巻き込みました。

■その後、、、

Nさんは、本当に一人で外出をし、
思う存分楽しんだ後に施設へニコニコと笑顔で帰ってくる
という毎日を送っていました。

私にとっては、
初めて「リーダー」として、部下と共に喜び、
分かち合い、行動できた成功例でした。

==========================

ここまでの道のりは、
決してこれだけの文章では収まらないほどです(笑)

ただ、リーダーとしての役割は
何も「一人でまとめ上げる」ことではないです。

一つの願いに対して
何とかしたいという想いを
「協力してもらう」という姿勢で接することも
時には必要です。

そのことを、
この経験から学びました。

何かのヒントを得られたら幸いです。
意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

会社の融資が承認され、
補助金も採択され、

一気に懐が暖かくなってきました。

大切なお金なので、散財ではなく投資へ。
投資と言っても「自己投資」へ。

今までできなかった新たな展開へ。
特に、WEBを使っての展開は弱かったので。

全国の介護事業所へ提供できるように、
今年は、新たなビジネスモデルを構築する時間を多くとるようにします。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141