【介護人材定着】1,640号 リーダー自身の「自分ルール」を作っておく

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/6/22 1,640号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

=============================
新刊が出ました。

「介護医療施設でスタッフがスグに辞めない職場づくり57の秘策」
www.amazon.co.jp/dp/4863675593

介護医療に特化した社会保険労務士として、
これまで全国の介護医療施設へ直接訪問し支援してきました。

そこでは、
現場ならではの人材における悩みや
現場に合った支援方法があるのに気づいたわけです。

現場あるあるを豊富に盛り込んだ、渾身の1冊。
ぜひ人材定着に向けての指南書として1冊いかがでしょうか?

www.amazon.co.jp/dp/4863675593

=============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ リーダー自身の「自分ルール」を作っておく ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よく部下のために、
ルールを作ることで安心させることが必要と言われています。

部下にとっては、
ルールがあることで何をすればいいのかが分かり、
行動がしやすいといった効果があります。

ただルールを作ることにおいて、
部下ではなく、まずは「リーダー自身」で
ルールを作ることから始めてみることをお勧めします。

■一般的に言われている理論とは、逆に行うのです。

というのも、
リーダーが自分ルールを作ることから始めないと、
リーダー自身が不安に感じ、
部下に対して満足のいくフォローが出来ないためです。

ここでのルールの定義というのは、
自身にとってのこだわりであったり、
らしさを表現するための決め事のことを言います。

部下に対してどのようなフォローをすればいいのか
不安に感じているリーダーほど、

自分らしさを表現できるような
ルール作りに励んでいただきたいです。

そのルールさえあれば、
あとはそれに沿って行動をするだけです。

■例えば、私は人見知りで口下手です。

そのため、素直に褒めることが苦手なため、
部下の行動をじっくりと見ながら起きた出来事を
そのまま部下に伝えるように心がけています。

フォローをするときに、
このルールに沿って行動をすると、

部下の表情が変わり、
イキイキとし出した経験から身についた「自分ルール」です。

また、口数が少ない分、
それだけ言葉自体をじっくりと選ぶことをルール化しています。

具体的に言うと「ネガティブ」な言葉を使わないということです。

ポジティブな言葉は、
なかなか自身の心のゆとりがないと出てこないものです。

そのため、
意識してポジティブな言葉を発しようとしても、
それがストレスになることもあります。

だから、ポジティブな言葉を言うのではなく、
「ネガティブ」な言葉を言わないこと。

これを「自分ルール」として課しました。

■何事も、まずは自分に課したルールを定めておくことで、
地にしっかりと足をつけておくことです。

ルールという言葉に対して違和感を持つ方もいるかもしれません。

その場合は、今回ここで書いてある内容。

これを実践することを「ルール」にすることも一つです。

自信でできることを選び、
それをコツコツと実践していく。

そのルールが、
リーダーの人間性を高めるだけでなく安心感を与えることが出来ます。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ

昨日は、父の日。
子供たちがサプライズで手作りキーホルダーを作ってくれました。

アクリル板に、それぞれ私の似顔絵を描いて
繋ぎ合わせてもらいました。

一生の宝物ですね。

壊れないように、
大事に事務所に飾っておきます。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141