【介護人材定着】1,650号 くどいぐらいが十分

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/7/6 1,650号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ くどいぐらいが十分 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よくリーダー研修のときには、
「部下の名前を呼んでください」
とお伝えしてます。

何か指示をしたり
お願いするときには、
相手の名前を始めに呼ぶことが大事です。

特に、年配の方に多いのですが
「おい」
「お前」
「あなた」

といった呼び方をしていますが、、、

問答無用に、
部下には「いい気分」を与えることはありません。

私は、5年近くも一緒にいた上司から
最後まで名前を呼ばれることはありませんでした。

「あなた」と言われて
気持ちよく返事など出来ないですね。。。

■さて、
部下の名前を呼ぶこと。

これだけだと、
さも当たり前のことかと思います。

ですので、
もう少し応用したいところです。

まあ、応用とは言い切れませんが(笑)

「くどいぐらい名前を呼んでください」
ということです。

くどいぐらいで十分です。

「後藤くん、これお願い」
「あっ、あと後藤くん、あの件はどうなったかな?」
「そうかそうか。じゃあ後藤くんも頑張ってね」

イメージとしては
常に名前を入れながら話す感じです。

こういうと、
「くどいと嫌がられるんじゃないか。。」
っと思われる方もいると思います。

でも、
こうやって「くどいぐらい」で十分だと思うのは、

私が経験してきたなかで、
ある気づきがあったからです。

■ある40代の上司がいました。

私にとっては
その方は、正直苦手な上司だったんです。

無口で、物事を淡々とこなす性格なため
何を考えているのか読めなかったんです。

だから、
一定の距離を置いていました。

そのため、
何か指示があるまで待っていたり

こちらから提案をするのにも、
恐る恐る話しかけるような関係でした。

でも、あるときから
その上司は必要以上に名前を呼んでくれるようになったんです。

それも、先ほど書いたように
一つの言葉かけに対して、
毎回名前を入れているように。

すると、私自身にも変化があったんですね。

上司から自分の名前を呼ばれるようになると、
自然と自分も、上司の名前を呼ぶようになったんです。

今まで、
「あの~、すいませんが、、、」
っと、上司の名前を呼ばずに話しかけていました。

それが、
「河辺さん、少しいいですか?」
「河辺さんはどう思いますか?」

っと、名前を入れて話すようになったんです。

これは、
上司がくどいように自分の名前を呼ぶようになったことで
その連鎖で、自分も呼ぶようになったわけです。

■しかも、
このくどいぐらい名前を呼ばれても
全く嫌な気分にはならないんです。

なぜなら、
「自分のことを見てくれている」
という感覚になるからです。

名前を呼ぶということは、
相手に「あなたに対して話しているのですよ」
という合図を送る効果があります。

この合図が、
「自分に対して話しかけてくれている」
「自分を見てくれている」
という感情を与え、

やがて、
同じような行動を起こすことが出来ます。

名前を呼ぶだけで、
部下との関係を構築することが出来ます。

更に、
「くどいぐらい」で十分です。

名前を呼ぶことだったら、
誰でも出来ると思いませんか?

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
1日事務作業。

先週末に、
私、子供3人で美容院へ。

2歳の息子が、初めて美容院で髪を切るわけですが
今まで女の子のようなオカッパ頭が
スポーツ刈りになって一気に男前に。

やっぱり、髪型が変わるだけで
印象が一気に変わりますね。

今まで髪型には無頓着でしたが、
見られ方も意識しないといけませんね。

特に、今後WEBでのセミナーなり打ち合わせが続きますので
画面に映る自分の姿を今一度意識しておかないと、ですね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141