【介護人材定着】1,536号 伝わる方が嬉しい

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/1/17 1,536号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 伝わる方が嬉しい ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近は、
リーダー向けに「伝える力」を伝える機会が
増えてきました。

それだけ、伝えることは
仕事をする上で大切なことであり
逆に多くの方が悩んでいるところかと思います。

ただ、
以前にもお伝えしましたが
「伝える」と「伝わる」とは似ていて
全く違います。

まず、「伝える」は
一方的にこちらから話しただけ。
相手が理解したかどうかは関係ありません。

一方「伝わる」は、
こちらからの話を相手が理解してくれた。

これだけの違いがあります。

■また、もう一つ違いがあります。

それが、
自らの「感情」が違うということ。

人は、
「伝えた」時が嬉しいのではありません。
「伝わった」時が嬉しいのです。

なぜなら、
「伝わる」
⇒「人と繋がる喜び」
⇒「共感」
⇒「自分の存在価値の認識」
⇒「生きている実感」
⇒「愛に包まれる感覚」・・・

■少し大げさに見えるかもしれませんが、
それだれ伝わることでの喜びが「繋がっていく」わけです。

だから、
「伝えた」時がうれしいのではなく、
「伝わった」時がうれしい。

皆さんも、
「伝わる」ような話し方を身につけてみませんか?

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ。
午後に3件の打ち合わせが続きます。

出張で出かける際の、密かな楽しみが夕食。
仕事をやり切ったご褒美に、と。

お酒を飲むと、
その後の仕事の効率が悪くなってしまうので
ほどほどにしながらも、

一人でゆったりと美味しい食事をとることが
いいリフレッシュになっています。

居酒屋にいくと、
メニューが豊富なため、ついつい注文も多くなりますね。

ただ先日は、肉系をいくつか頼んだら、
二人前からのものばかりだったので、少し失敗。。

以前どこかで
「居酒屋ダイエット」というのを聞いたことがあります。

ダイエットをするというよりも健康維持のイメージで、
居酒屋巡りもいいかもしれませんね。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】1,535号 褒めるのではなく勇気づける

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/1/16 1,535号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 褒めるのではなく勇気づける ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回は、
褒めてはいけないということを書きました。

まず、褒めるということは
使い方を間違えると部下を「コントロール」しようと
してしまいがちです。

「成果が上がれば褒める」
これは、言い方を変えると
「成果が上がらなければ褒めない(叱る)」
とも言えます。

部下に対して
褒めたり、叱ったりと態度を変えていくリーダーは

「自分の都合のいいようにコントロールしようとしている」
と思われてしまう可能性もあります。

なので、
成果が上がれば褒める。
上がらなければ無視する、もしくは叱る。

このようなコントロールはやめましょう。

■では、どうすればいいのか?

部下を「勇気づける」ことをしましょう。

勇気づけとは
「相手が自分の力で課題を解決できるように支援すること」
です。

つまり、
相手が自主的に課題を解決できるように励まし、
サポートすることです。

ここには、褒めるときに侵しがちな
「上下関係」というものはなく
「横から目線」で主観や感想を伝えていくことです。

■例えば、
「偉いぞ!よくやった」
と褒めるのではなく、

部下が自分の力で課題を解決できるように励まし
支援するのです。

「イキイキと仕事をしているね」
「チームを助けてくれてありがとう」

といった声掛けをするなどを言います。

部下が自分の力を信じることが出来るよう
感謝を伝えることも有効ですね。

こういった勇気づけに関する内容は、
今後も詳しく書いていきますね。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
静岡県静岡にて、午後から1件の研修。

先日は、社会保険労務士会の研修に参加しました。

資格保有をしていると、
必須で受講しないといけない研修です。

何だか、大学生を思い出しますね。
必須単位を取得しないと、卒業できないといった感じです。

それこそ世代の違う方々が集まっていたわけですが、
今回の参加名簿を見てみると、
意外と「非開業」の方が多かった。

非開業とは、
「社労士として開業をしていない」ということ。

社労士の資格を持っているが、
開業していない。

ということは、特に資格を活かして何かをしているわけではない。
ということか。。。

活用の仕方はそれぞれですが、
あれだけ苦労して取った資格だったので、
何かしら活かすことを考えてしまいます。

同じ社労士でも、
スキル・経験・価値観が全く違うので
それはそれで面白いです。

敬遠してたわけではありませんが、
社労士仲間を増やすことも大事だな~って感じました。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】1,534号 褒めてはいけない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/1/15 1,534号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 褒めてはいけない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「褒めてはいけません」

これは、今まで書いてきたことを
覆すような内容になるかもしれません。

今まで私は、
「褒める」ことは相手にとって認めてくれた感情を与え、
モチベーションや信頼関係に結びつくと感じていました。

もちろん、褒めることを否定しているわけではなく
場面によっては必要であり
これも一つの「方法」です。

ですが、
「褒めてはいけない」という発想も持つことも
必要になってきました。

これは、私が日々コミュニケーションを学んでいて
新たな教えをもらったことです。

■では、本題です。

「褒める」ということは、
そもそもどういった状況が起きているのか?

「頑張ったね。偉いね」

この言葉自体に何も違和感を感じていなかったのですが、
よくよく考え直してみると、、、、、

そこには
「上下関係」が出来てしまっています。

リーダー・部下であれば当然でしょ!
って思われますが、

「いくら職位に上下があったとしても、
人としての尊厳は対等です」

つまり、
人は誰だって下にはなりたくないものです。

■「会社の中で立場的に下にいる」
と自覚している部下であっても、それは同じです。

「おまえは下だ」
と人から言われたくはないのです。

だからこそ、
「おまえが下」というメッセージを含む接し方をされると、
劣等感を感じるようになります。

褒めるには、
相手を勇気づける効果もあるなかで、
無意識に上下関係を生み出す効果も出てしまいます。

だから、
「褒める」という発想も見直す必要が出てきました。

では、褒めるのではなく
どうすればいいのか?

・・、それは次回また書いていきますね。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後に静岡県沼津へ移動し、1件の研修。

トライアスロンに向けて、
スイムの練習に励んでいます。

クロールの手の動かし方
バタ足の仕方
息継ぎの仕方

どれも、まだまだヤバいレベルです。

分かってきたのは、
息継ぎの仕方は絶望的で、
すればするほど苦しくなっているような気がします(笑)

息を吐いていないのかな。。

さて、どっちにしても
練習あるのみです。

やっていると、いつの間にか出来るようになってきます。
と、信じています。

まだ時間があるので。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】1,533号 叱るって難しい

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/1/14 1,533号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 叱るって難しい ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

叱るのは、褒めたり注意をするよりも難しいです。

なぜなら、
ただ単に叱っていては「怒っている」としか見えないからです。

叱るというのは、
誰のどういった行動(言葉)に対して、
今後どういった対策をしてもらいたいのかを伝えることです。

また、そこには
自分の想いや要望をしっかりと伝えることも大切であり、

なおかつ
その後にしっかりとフォローをいれることも必要ですね。

逆に、怒るというのは
感情だけで話をする。。。。

それだけの場合のことを言います。

ただ、叱るつもりがついついヒートアップしてしまい、
いつの間にか「怒っている」状態になることは
よくあることです。

■こう想うと、、、、

叱るって神経を使いますし、技術力が問われます。
意外と難しいんです。。

では、どうすればいいのか?

叱り方を学んでいくことも必要かと思いますが、
「叱る以外」の方法も学んでいくことです。

部下に注意したい=叱る

という固定概念がどうしても出てしまいます。

「どうやって叱れば分かってくれるんだろう」

この考え方に対して
「どうやって伝えれば分かってくれるんだろう」
に変えてみることです。

■その一つが
「質問」と「アイメッセージ」の組み合わせ。

「鈴木さん、この仕事を進める際にはこんな観点に気を付けると
いいかもしれませんね。
そうすると、どのようなやり方が考えられますか?」

自分の想い(考え)を伝え、そのうえで
質問をして相手の想いを引き出す。

相手にとっても叱られるよりも、
一緒に考えてくれる安心感の方が次の行動に結びつきます。

叱るのは意外と難しいです。
だから、叱る以外のことも考えてみませんか?

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ。

トライアスロンに挑戦することになって、
スイムが一番の苦手であるため、
スイミングの強化に入っています。

とはいえ、
「そういえば、水着ないな、、」
という始末。

先日、水着とキャップ、ゴーグルを購入。
「3点セットで、水着分の金額で購入できる」
ということで、

特にゴーグルなんて1個でいいはずなんですが
3点セットを2つ購入してしまいました。

これでスイミングの練習準備は万端。
あとは、泳ぐことを習慣化させていきます。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】1,532号 躊躇しない

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2020/1/10 1,532号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 躊躇しない ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「100人いれば100通りの考え方がある」

これは、別の言い方をすると
「自分の考え方に不正解はない」
ということ。

人はどうしても周りを気にします。

自分が想っていたことに対して
全ての人が賛成してくれるわけありません。

なぜなら、、、
「100人いれば100通りの考え方がある」から。

■私はどちらかというと
周りの意見を聴いて自分の考え方を見直します。

ただ、
ときに振り回されることもあります。

特に意見が真っ二つに割れるようなとき。

この場合意識していること。

それは、
「周りがどう思おうと、自分にとってプラスになると思えば
躊躇するべきではない」

自分の決断に自信を持つこと。

これは難しいことですが、
自らの人生においても、仕事においても
とても大切なことです。

■日々現場では、様々なことが起きています。

そこで働くスタッフにも、
色んな悩みを抱えています。

そして、それをまとめるリーダーも
様々な悩みを抱えています。

そのなかで、
まずは自分の決断に躊躇せず
自らの決断に自信を持つことが大事です。

すると、
自然と周りの見方も変わってきますし
自分の行動の幅が広がってきます。

ときには、
「何を悩んでいたんだろう」
「もっと早く行動しておけばよかった」
といった感情になることもあります。

これは、私自身の実体験でもあります。

「行動が変わってくる自分を見てみませんか?」

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら

研修・セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午前に1件の打ち合わせ。

スターウォーズの最新映画を観てきました。

これまで全てのシリーズを観ていますが、
まあこれで完結ではないでしょう(笑)

映画って、本当に魅力的です。
「自分にもフォースがあるのでは」
と勝手にのめり込んでしまうので。

映画を観るためには、
夜にお風呂なり寝かしつけなり
色々とやらなければいけませんが、

また観たい映画がこれからたくさんありますので、
しっかり時間管理をしていきたいと思います。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ

ふくしえん社労士事務所

〒433-8105
静岡県浜松市北区三方原町1306-6
TEL:090-8305-2141