あなたにとって必要な情報を、必要なときに。

【介護人材定着】1,791号 身体拘束してもいい?

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2021/2/16 1,791号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 身体拘束してもいい? ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優先順位を、どこに置くのかを伝えていきましょう。

https://www.joint-kaigo.com/articles/2021-02-15.html

コロナに感染あるいは疑いのあるご利用者に対するマニュアル。

ということで、
今までの認知症対応マニュアルとは、全く別物と捉えた方がいいです。

中身を確認したのですが、
若干読みにくい(笑)

内容は、身体拘束も例外的に認めるような箇所も。

■だからこそ、
法人内でこのマニュアルを活用する際には
事前に「法人としての優先順位と在り方」を明確に伝えておく
ことが求められます。

「拘束しても構わない」的なことだけ伝えたら、
想像がつく通り、現場は方向性を見失い、
やがて「何でもあり」の状態になってしまいます。

かといって、「例外的だ」的なことだけ伝えたとしても、
「我々の理念に背いているんじゃないか」と
これまた方向性を見失う危険性もあります。

どちらかに偏った伝え方が危険であり、
「世間はこうだから」と他人の意見をそのまま活用した
といった伝え方は、今後の現場との関係性に影響を及ぼします。

何言ってもダメじゃん、、
となりがちですが、

まずは「法人が今後どうしたいのか」を伝え
そして、「何を優先にしていき、それの理由」を明確にしたうえで
「法人の在り方はブレない」方針を伝えていくこと。

手段は変われど、法人の在り方は変わらなければ
現場は混乱しません。

ここでも、やはり「伝え方」が大きく影響しますので
しっかり準備をしたうえで発信をしていきましょう。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後に3件の打ち合わせ

ランニングが少しずつ出来るようになったので、
子供たちを誘って、一緒にランニングを。

慎重に、ゆっくりと走ったとはいえ
子供たちが速くてついていけなかった。。

今まで、ペースを合わせてゆっくり走っていたのに、、、
成長したな~って。

長男は野球
長女はポートボール

走り回るスポーツなので、
それだけ体力がどんどんついてきたんでしょう。

益々、リハビリに気合が入ってきました。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP