あなたにとって必要な情報を、必要なときに。

【介護人材定着】1,786号 努力義務は、義務の前触れ

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【介護人材定着】採用から育成・定着までの人材マネジメント術

2021/2/8 1,786号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材定着コンサルタントの後藤功太です。

本日も宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 努力義務は、義務の前触れ ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域との連携を強化しなさいということです。

https://www.joint-kaigo.com/articles/2021-02-04.html

特に、災害が起きた際の対応策として
地域連携は外せない、というのが国の見解でしょう。

地域連携は、すぐに図れるものではありません。
地域と言っても、結局は人と人との関わりなので。

いきなり、「仲良くなってください」
といっても逆に不信がられるのがオチです。

■地域連携は、今は努力義務ですが、
いずれ義務になるでしょう。

これも、いきなり連携を図れるわけがない
というのを分かっていただけているからだと思います。

呑気に「努力義務なら、別に今は動かなくてもいいってことでしょ」
と思っていると、いざというときに見放されてしまいます。

やはり、努力義務の今だからこそ、
動き出してほしいという意図です。

既に地域交流を通して、連携が図れている介護事業所は
何ともない発表だったでしょう。

まだまだ、地域との連携が図れていないところにとっては
どこからまずは始めていくか、検討をしておきましょう。

ボランティア募集も、逆に参加もいいでしょうし
地域の課題を積極的に貢献する動きをするのもいいでしょう。

先頭に立って、地域イベント活性化させていくのもいいでしょう。

努力義務は、
「今動いてください」という合図です。

意識してみてください。

——————————————————

■「介護人財戦略講座」DVD
http://gotoh-coach.com/gotoh/kaigojinzaisenryaku/

■「人間関係向上コミュニケーション術」CD
http://gotoh-coach.com/gotoh/cdkaiwalp/

■介護事業所に特化した人事評価制度策定
介護職員処遇改善加算1の取得を検討されているのなら
http://gotoh-kaigo.com/lp/

■介護に特化した研修・セミナー依頼はこちら
http://gotoh-kaigo.com/service/kensyu/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 編集後記 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、
午後にWEBセミナー

徐々にですが、令和3年度の助成金ラインナップが見えてきました。

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000213481

弊社は、実務+助成金のセット提案が主ですので、
助成金トレンドは注視しておきたいところ。

それによって、令和3年度の動き出しも変わってくるので。

大体の動きは見えてきたので、
あとは提案計画を練っていくのみですね。

こういうときが、一番ワクワクします。

追記:
メルマガの感想が、何よりの励みになります。
お気軽に送ってくださいませ。

⇒ info@gotoh-kaigo.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:ふくしえん社労士事務所
発行責任者:後藤功太
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1306-6
E-MAIL info@gotoh-kaigo.com

よろしければFacebookも覗いてみて下さい♪
Facebook  https://www.facebook.com/kouta.goto.18

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=artista18

ふくしえん社労士事務所サイト:http://gotoh-kaigo.com/
介護・医療業界に特化 研修サポートセンター:http://gotoh-coach.com/

■後藤功太のプロフィールはこちら
http://gotoh-coach.com/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP